40坪の注文住宅を少しでも安い費用で建築する方法を知ろう

40坪の注文住宅を建築するときに少しでも安い費用で建てる方法を紹介します。
40坪の注文住宅を少しでも安い費用で建築する方法を知ろう

業者選びで家が安く建つかどうかが決まる


40坪の広さの注文住宅は
一般的な戸建て住宅の平均的な建坪面積ではないでしょうか。

そのため、注文住宅を建てるなら
とりあえず40坪くらいの広さが良いと考える方も多いです。

でも、どうせ家を建てるのなら少しでも安い費用で建てたいですよね。

では、具体的に安い費用で注文住宅を建てるにはどうすれば良いのでしょうか。

そこでもっとも大切なのは業者選びです。
現在ではいろいろなハウスメーカーがありますし、
特色ある家を建てている工務店や建設会社もたくさんあります。

それぞれに特徴がありますし、その企業が狙っているターゲット層がありますから、
そこをしっかりと理解したうえで業者を選ばなくてはなりません。

ハウスメーカーによっては富裕層をターゲットとしている高級住宅や
輸入住宅を扱っているメーカーもあります。

それらのメーカーだと、どうしても高くついてしまいます。

では、安い費用で家を建てたいのならどんな会社に依頼すればいいのでしょう。

その場合は、ローコスト系のハウスメーカーをチョイスするという手があります。

ローコスト住宅メーカーは、さまざまなコストを削減することによって
低価格で住宅を提供しているメーカーです。
中には知名度の高いメーカーもあります。

手っ取り早く安い家を建てたいのならローコスト住宅が良いかもしれませんね。

こだわりが強いほど家は高くなる

こだわりが強いほど家は高くなります。

部屋の窓を一箇所だけ大型の輸入窓にしてほしい
趣味のシアタールームやシャッター付きのガレージが欲しいなど、
夢のマイホームにかけるこだわりは人によってまちまちだと思いますが、
しかし、こだわりが強くなればなるほど家は高くなると思って間違いないでしょう。

もちろん、こだわりをまったく持つなというわけではありませんが、
こだわりが多すぎるとコストが高くなってしまう原因になります。

夢にまで見たマイホームですから
こだわりを全部つぎ込みたいという気持ちは当然理解できます。

でも、こだわりをすべて実現するのなら
それに見合ったお金が必要になるのは必然です。

お金がいくらでもある、家にいくらでも費用をかけても構わない
というのなら話は変わってきますが、
少しでも安い費用で家を建てたいというのなら
こだわりはある程度我慢するべきです。

すべてのこだわりを我慢する必要はありませんから、
どうしても自分が譲れない部分をいくつか決めておくと良いでしょう。

もちろん、自分だけですべて判断するわけにはいきませんから
家族ともしっかり話し合ったうえでどうするかを決めるべきです。

注文住宅が最終的に高くなってしまう原因の多くは
こだわりが強すぎるこだわりが多すぎるということです。

予算が決まっているのなら
こだわりも多少犠牲にしなくてはなりません。

注文住宅についてある程度学んでおくこと


注文住宅についてまったく知識がないと家を安く建てることはできません。

どこのメーカーが安く家を建てているのかということや、どのようにしたら安くなるのか
といったことも注文住宅のことをある程度勉強しておけば分かってきます

まったく何の知識もないままハウスメーカーや工務店に
家を建てる相談に行くのはリスクが高いですし、
まったくの丸腰で戦場に向かうようなものと言えるでしょう。

武器も防具もない状態で戦場に立ってしまうと当然狙い撃ちされてしまいます。

あっさり戦死してしまわないためには、
戦場に向かう前にしっかりと装備を整え、
戦い方についても学んでおく必要があります。

家造りでもまったく同じことが言えますから、
まずは注文住宅について学んで理論武装しておきましょう

こうしておくとハウスメーカーの営業マンに
上手く言いくるめられるようなこともないと思います。

注文住宅について勉強している、知識がある、
とハウスメーカーや工務店の担当者に知ってもらうだけでも効果は抜群です。

下手なことは言えなくなりますし、
自分たちのペースで話を持っていきやすくもなるでしょう。

担当営業マンに勧められるままに契約するようなこともなくなりますし、
もっと安く建てるためには何をするべきかということも分かってきます。

今はネットもありますからできるだけ知識を身に着けておきたいですね。

最初に出せる金額をすべて伝えておく


注文住宅の建築に出せるお金があらかじめ決まっているのなら
最初にそれを伝えておくのも良いかもしれません。

予算を明確にせずに営業マンやプランナー任せにしていると
どんどん金額は上がってしまいます。

営業マンもプランナーも顧客をその気にさせるプロですから、
お客さんがイメージしやすいように上手に話を持っていきます。

その結果どんどん追加工事が増えて
予算が大幅にオーバーしてしまう
ということはよくあることです。

こんなことになってしまわないようにあらかじめ予算を伝えておくのは効果的です。

これ以上のお金は一切出せません、と伝えておけば
それに応じたプランを立ててくれるでしょう。


それで「その金額ではちょっと」と言われてしまったら
別のハウスメーカーに話を持っていけばいいだけです。

現在ではハウスメーカーの数もたくさんありますし、
注文住宅の建築を請け負う工務店や建築会社もたくさんあるのですから
その会社だけにこだわる必要もないでしょう。

また、最初に予算を決めたら絶対にそれ以上は出さないと
自分自身にも言い聞かせておく
ことが重要です。

建築途中の家を見に行ったときに「やっぱりアレが欲しいな・・・」
などと思ってしまうことは多々ありますが、
誘惑に負けてしまうと、それだけで予算が大幅にオーバーしてしまうことにもなります。

決めた予算から変化させないようにするのが費用を節約するポイントです。

DIYにチャレンジして費用を削減しよう


DIYという言葉をご存じの方も多いと思います。

これは、自分で作業をすることを指します。

最近ではDIYも随分浸透していますし、
自宅のちょっとしたリフォームなどもDIYでやってしまうようなツワモノもたくさんいます。

ホームセンターに行けば
DIYのためのマニュアルなどが無料で配られていることもありますし、
木材のカットなどもホームセンターでやってもらえますから
以前に比べて敷居も低くなりましたね。

そんなDIYにチャレンジすることで注文住宅の建築費用を抑えることができます。

素人でも少し頑張ればできるような作業もたくさんありますから、
職人さんの手を使わずに簡単なことは自分でやってしまうということです。

職人さんの手を使わないのですから当然費用を抑えることができますし、
自分も家造りに参加したという思い出にもなりますよね♪

最近は施主がお子さんと一緒にDIYで家造りに参加するようなケースも増えていますよ。

プロの職人のように上手くはいかないかもしれませんが、
仕上がりが多少雑になっても構わないようなところは
自分でやってみるのも一つの手です。

ちょっとしたペンキ塗りはコツさえ掴めばできますし、
クロス貼などもその気になれば素人でもできます。

DIYはやる気さえあれば誰でもできる節約方法ですから、
建築費用を少しでも安くしたいと考えているのならチャレンジする価値は十分ありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加