三世帯住宅の建築費用の相場とメリット

最近よく三世帯住宅の話を耳にします。この記事では三世帯住宅の建築費用の相場や、大きなメリットを中心に紹介しています。

三世帯住宅の建築費用ってどのくらい?

ここ最近、三世帯住宅が流行っていますね!

三世帯住宅の建築費用ってどのくらいなんでしょう?と疑問に思ったため、調査してみました。

結論から言うと、建てる坪数に応じて変わってくるようです。各ハウスメーカーの三世帯住宅の事例を眺めていると40坪前後の三世帯住宅(5部屋相当の個室)も実績としてあるようですよ。

少し狭いですが、家族の仲が良ければ40坪前後の家もありだと思います。

40坪前後の家であれば安ければ2,500万~3,000万前後で実現できそうですね!

ただ、三世帯住宅にも大きく分けると3種類あるので、どのパターンで家を建てるか、間取りや設備のグレードによっては大きく変化するでしょうね。

ちなみに3種類は以下のようなパターンです。一般的には

  • 「完全同居」
  • 「一部共有」
  • 「完全分離」

ご存知かもしれませんが、下に行けば行くほどプライバシーが守られます。家族仲が悪いけど、仕方なく三世帯住宅に…という方は完全分離がいいでしょうね。

できる限り安くいい三世帯住宅を実現する

皆さんが一番気になっている点は、できる限り安い金額で、できる限り広い三世帯住宅を建てれるのか?という事だと思います。

三世帯住宅は最近のトレンドでもありますので、有名なハウスメーカーであれば対応してくれるでしょう。ただ、上記で記載しているように、できる限り安く広い家を建てれるかどうかはあなた自身がしっかり見極めて業者を選ばなければいけません

要望を聞いて3世帯住宅の間取りを設定

では、どのような方法をとれば一番効率よく、あなたに最適な業者に巡り合えるのか?ですが、それは以前に私が書いたこちらのブログが参考になりますよ!

ココで紹介している方法で業者選びをすれば、失敗するリスクが軽減されると思いますし、何よりも効率がいいです。

3世帯住宅の暮らしのメリット

3世帯住宅の大きなメリットと費用

例えば親、子、孫の世代などが同居する3世帯住宅のメリットは、留守にしていても安心で、外出しても、子どもの面倒を見てくれるという子世帯の声もあり、旅行で留守にしている時に、嫁が「ご飯一緒にどうですか?」と妻に声をかけてくれる、という親世帯の夫の声などもあります。

一緒に暮らす事で色々なメリットがある3世帯住宅は、人生の先輩がそばにいるのがいて、育児や家事の分担ができる、子どもたちに思いやりの気持ちが生まれるなど、たくさんの良い事があります。同居する子や孫は、核家族の子にはない価値観を持っています。

また、家の文化を伝えることができ、その文化や習慣について教わることが多いと言われています。

また、水道、電気、食費は子世帯、新聞、ケーブルテレビ代は、親世代、子どものために貯金がしたいから、経済的にもうれしい点も沢山あります。

まとめると….

  • 育児や家事の分担ができる
  • 人生の先輩がそばにいる安心感
  • 経済的負担が減る

ということが言えますね!

3世帯住宅の間取りはメリハリが重要

家族にとって、良い間取りであることが必須条件で、使い勝手の良い、住みやすい間取りを第一に考えなくてはなりません。

また、3世帯住宅になると家族が増え、子世帯、親世帯など、確立した部屋が必要になってきます。ハウスメーカーでは、注文住宅など、その家族構成に応じたプランが用意されています。家族全員の最適な住まいや資金計画を提案してくれます。

注文住宅を建てる場合、大事なことは家を建てる総費用を事前に把握することです。坪単価だけではなく、本体工事費以外の諸費用を含めた、希望の家づくり見積書にも着目しなければなりません。

まず住宅を建てるにあたって、かかる費用はどれ位なのか、きちんと見積もりを取り、事前に予算を立てることが大切です。

また、希望の家づくり理想の間取りを土地にあてはめることで理想の住まいが完成します。希望の間取り、敷地の広さ、方位、日照、地盤、近隣環境、利便性、そして法令上の制限などを考慮して、土地探しと家づくりを完成させることがポイントです。

3世帯住宅では、にぎやかさとプライバシーのメリハリが必要です。適度にプライバシーや独立性を保ちながら、3世帯で暮らすメリットもあり、敷地も効率的に使えます。

食生活などライフスタイルの違いを考慮し、リビング、ダイニング・キッチン、浴室のうち、
どこを分離し、どこを共有するかを話しあうことでお互いに満足できる3世帯同居が実現できます。適度な距離感を保ちつつ、経済的なメリットも生まれるスタイルが、支持されています。

三世帯住宅は、夫婦と親世帯に加え…

孫世帯や親世帯の単身の子と、など様々なかたちがあり、双方の両親と同居する3世帯住宅の形もあります。核家族化が進み一人っ子どうしの結婚などとなると、さあ、どっちの親と住むのかというのは、とても悩ましいテーマです。

夫の両親も妻の両親も、いずれ面倒をみてあげたいと考えるならば、いっそ3世帯で一緒に住んでしまおう、という発想として3世帯住宅を選択する方もいます。双方の親が住むので、間取りなどにも着目しなければなりません。

また三世帯住宅は、頭金など費用も双方から出してもらえるといったメリットがあります。とはいえ親、子、孫や兄弟(姉妹)と親といった血縁関係のある3世帯同居とは異なり、難易度はやや高そうです。

なぜなら、建てる家のプランについて、いきなり、両家の言い分を調整しなければなりません。その中で重要視されるのは間取りです。住んでからも、双方の嫁姑が同じ家だと、ストレスがあるかもしれません。

また、介護が必要なケースに考えたい方法では、夫の親はひとりで寝たきり、妻の両親は元気で孫の面倒を見る、このようなケースに3世帯住宅を検討される方もいるようです。完全分離型の間取りでは、寝たきりの夫の親が一階で居住し完全分離ではあるものの、3世帯での夕食も可能なリビングでは楽しいひと時も過ごせます。庭で遊ぶ孫の声は、双方の家族に聞こえ、笑顔が増え明るい家庭が実現できるようになります。

これまでは核家族化が進んできましたが、介護を考えると今後3世帯住宅が増えてくる可能性はあります。
少子高齢化の社会を考えると将来、多世帯の暮らしを 豊かにかなえる3・4階建てという選択肢があります。
各住宅会社では長年研究してきた、上手な同居のためのノウハウがいっぱいの提案をされ、
住みやすい三世帯住宅の夢を叶えてくれます。

家族と家族を結ぶ三世帯住宅は、家族それぞれの過ごしたい時間をかなえ、
多彩なプランアイデアと技術で、個性が光る同居の形を実現します。
部屋の数はもちろん、間取りは家族で過ごしたい空間づくりを快適な毎日になる為に様々なプランが用意されています。
もう少し広さが欲しい、トイレやお風呂場の場所など間取りで困った時は、
住宅会社で適切なプランを提案し技術力を活かした、3・4階建て住宅の三世帯住宅のノウハウを教えてくれます。

多世帯同居は、相続税対策としても注目されています。
住まいはとっても大きな買い物です。
資金や節税対策についてもしっかり考えたいものです。
多世帯同居は条件次第で相続税対策に有効になりやすいため、非常に注目を集めています。

住まいづくりを検討中の方は、快適な三世帯・多世帯の住まいづくりの情報を集め、
自分たちの家族構成に合った住宅を建てたいものです。
住宅を取得する前に、モデルハウスなどの見学をし、
住宅に役立つカタログなども参考にしながら理想の家を建てましょう。
家族にとって家を建てることで、暮らしの幅が大きく広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加