予算1500万円で家を建てると広さ(間取りや坪数)はどのくらいなの?

1500万円の一戸建ての広さって?

1500万円という大変お手頃な金額で家を建てるとなると、どのくらいの広さの家が建つのか気になりますよね。誰もができる限り低価格で広い家を建てたいと考えているでしょう。

各ハウスメーカーの事例集などを確認すると25坪~35坪前後の広さが平均値になっているようです。もちろん、あなたのこだわりや、依頼する業者によって左右されますのでご注意を。

>>少しでも安く、広い家を建てたい方

1500円でも上記の広さよりも広い家を建てている方もいますし、まずはあなたの要望、こだわりをしっかり業者に伝え、複数の業者から間取りプラン、見積もりをもらう事が重要です。

1500万円の家の間取りって?

25坪~35坪前後平均値という話をしましたが、間取りで考えるとどうでしょう。

リビングや台所、お風呂の広さにもよりますが、2LDK~3LDKがタイプの中心になります。夫婦+子供2人だとちょうどいい大きさです。二世帯住宅や子だくさんの家庭だと狭いですしプライバシーがない空間になってしまいます。

両親と一緒の部屋で寝ることに抵抗がない方や、相当仲のいい家族でないと厳しいかもしれませんね。

絶対1500万円で注文住宅を建てたい!という方

1500万円で家を建てるポイント

まず、1500万の家は全体の相場から言うとだいぶ安いです。この金額で家を建てることは可能ですが、高級な家、ハイグレードな空間という要望は叶えられない可能性が高いです。

ただ、憧れのマイホームを建てるのですから予算内で納得のいく家を建てたいという思いは誰もが持っているでしょう。

予算が第一優先で、納得のいく家を建てたいという方は以前の記事で紹介している方法が最適でしょうね。


理想の家があっても収入と返済のバランスが取れなければ当然のことながら、自分の物にすることはできませんから、予算内で最高の買い物ができることが重要なのです。

1500万の場合の頭金

家を建てる際にはまずは予算を決めて頭金を用意する事が好ましいです。1500万円の場合の頭金はいったいいくらなのでしょう。

実は頭金の相場はある程度決まっていて、全体の2割から3割程度とされています。全体ですので、建築費用+土地代+その他の費用を含んだ金額です。仮に全体の金額が2000万円だとすると、頭金は400万~600万円となります。

地方だと土地付き1500万もある

さすがに、東京や大阪、福岡などの都心では難しいですが、地方では1500万円程度で土地付き分譲住宅を販売していることも珍しくはありません。この中には自分の好みに合わない照明器具なども含まれている場合があるので、オプションとして計上されている物が何かを質問する事も重要です。

地方の方は土地代が浮くのでラッキーですよね!まぁその分、所得が低かったりするのですが…。

ローコスト住宅も選択肢

1500万という金額で業者選びをするのも一つの手ですが、最近ではローコスト住宅というキーワードが流行っています。その名の通りコストがかからない住宅の事です。ローコスト住宅と言っても、一生に一度の大きな買い物になるので納得のいく物件を手に入れなければ後々後悔することになってしまいますのでご注意を。

大手ハウスメーカーでもこのローコスト住宅の特集ページを作ったり、テレビCMを売ったりと力を入れているようです。もちろん、地域の工務店や建築士でも対応してくれるところもあるようですので、選択肢の幅は広いでしょうね。

費用を抑えて注文住宅を建てる工夫

予算を抑えて家を建てるためには、小さい住宅にすることをお薦めします。広いと当然のことながら材料費がかさむので、その分予算も大きくなってしまいます。小さい面積でもアイディア次第で快適空間に生まれ変わるので、諦めずにご自身の希望を業者に伝えてください。

また最近では女性も手軽にできる日曜大工用品も充実しているので、建屋と水回り電気配線などを業者に依頼すれば、内装やタイル、棚などは自分で作ることもできます。自分で工事をすれば職人さんの人件費がかからないので、当然のことながら予算を抑えることができます。

自分で対応できる部分もある

工夫とやる気次第で快適な住宅を手に入れることができるので、全て人任せにせずにご自身で挑戦する事も選択肢に入れてみてください。壁紙は素人でも簡単に張ることができますし、
水回りに利用するタイルも防水処理を施せば何の問題もなく利用することができます。

インターネットで検索すれば、わかりやすく説明してくれているサイトが充実しているので
不安に感じることもありません。ご自身で工事をすれば我が家に対する愛着も一入になりますし、自分の思い通りの空間をローコストで実現させることも夢ではありません。

また、一度経験しておけばリニューアルをしたくなった場合にも低予算で実現することができます。定期的にリフレッシュする事で、同じ住まいも常に新鮮な空間として楽しむことができるので、ご自身でできる範囲のことは是非とも挑戦してもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加