20坪の注文住宅を建てるときにおすすめの間取りとは?

20坪の注文住宅を建てるときにおすすめの間取りをご紹介します。
20坪の注文住宅を建てるときにおすすめの間取りとは?

1階部分を車庫にしてガレージある家に

日頃からマイカーを使っている方だと駐車場は絶対に欲しいところですよね☆
月極駐車場やコインパーキングを使うという手もありますが、
余計なお金がかかってしまいますしできれば自宅にガレージが欲しいところ。

そんな方におススメなのが三階建てのガレージがある住宅です。
20坪の狭小住宅だとスペースを有効に使うために
一階部分をガレージにすることはよくあることですし、
これなら毎月の駐車場代なども浮かすことができますよね☆

一階部分のすべてをガレージにするような間取りもありますし、
半分程度をガレージにするという手もあります。
このあたりはオーナーさんの考え方一つですね♪

シャッター付きのガレージなどがあれば車が趣味という方なら
休日にゆっくりと愛車のメンテナンスやカスタムもできますし、
何より屋根つきのガレージで愛車を保管できるというのは大きなメリット♪
外観のデザイン次第ではとてもスタイリッシュな見た目にもなりますからおススメです。

車を持っている方だとどうしても駐車場は必要になるものですし、
毎日マイカー出勤している方だと
離れた駐車場に車を取りに行くのも面倒なものですから、
それなら一階部分をガレージにしてしまったほうが良いのではないでしょうか。

人によってはガレージ兼倉庫のようにして活用している方もいますし、
工夫次第でいろいろな使い方ができますよ☆

屋上をデッキスペースにして子供も喜ぶ間取り

20坪だとどうしても使えるスペースが限られてくるので
自然と三階建てになることが多いです。

三階建て住宅はどうしても高さがあるため他人の視線が気になってしまうかもしれませんが、
屋上を使えるようにするとあまり他人の視線も気にならないようになるかもしれませんよ。
実際、三階建て住宅で屋上をデッキスペースにするような方も少なくありません。

3階建て住宅の屋上部分をデッキスペースにすれば夏にはバーベキューなどもできますし、
安全性にさえ気を付けておけば子供が遊ぶスペースにすることもできます。

いろいろな使い方ができますし、解放感もありますからおススメですよ☆
屋上庭園にしてみるのも楽しいかもしれません。
子供の頃に夢見たようなマイホームを創り上げることができるでしょう♪

星がキレイな冬場などは屋上から星空を眺めることもできますし、
地域によっては夜景がキレイに見えることも☆
20坪の面積といっても屋上スペースはなかなかの広さにすることができますし、
ちょっとした物置のような使い方もできるかもしれませんね。

使い方はそこに住んでいる人次第ですし、アイデアによっては多彩な使い道が見つかります。
最近では屋上を自由に使えるスペースにする方が多いですから、
今後狭小の三階建て住宅を建築しようと考えている方は
屋上デッキスペースも検討してみてはいかがでしょうか。

ロフトを造ってスペースを有効活用

20坪の狭小住宅はとにかくスペースを有効に使うことが命です。
一般的な2階建て住宅や平屋のつもりで設計すると
どうしてもスペースが足りなくなってしまいますし、
暮らしていて圧迫感を感じてしまうかもしれません。

いかにスペースを上手に使うことができるか、
という部分が狭小住宅の建築ではとても重要になってくるんですね☆

では、具体的にスペースを上手に使うためにはどうすればいいのかということですが、
一つにはロフトを採用するということが挙げられます☆
ベッドルームをロフトにするとそれだけでもスペースを有効に活用することができます。

例えば二階部分に居室が二つあるとしたら、
一つの部屋はそこまでの広さを確保することはできません。
しかも、そこにベッドなどをそのまま置いてしまうととても狭くなってしまいますし、
部屋そのものが寝室のようにもなってしまうでしょう。

そこでロフトの登場です♪
ロフトがあればベッドを置くスペースが空きますから部屋が広くなるんですよ☆
20坪程度の狭小住宅においてロフトは必須とも言えるかもしれませんね。

もちろん、ロフトはどうしてもベッドを置かないといけないということはありませんし、
ロフトを物置や趣味のスペースにするということもできます。

こちらもオーナーの考えやアイデア次第で
いろいろな使い方ができると思いますからぜひ工夫してほしいですね。

間仕切りなしの解放感溢れる間取りに

二階部分を家族全員で使える部屋にしたいという場合には
二階全体をリビングスペースにするのもイイですね☆

家族が仲良く暮らしていくためには日々のコミュニケーションも大切ですし、
家族が一堂に会することができるお部屋は絶対に必要になります。
年頃のお子さんがいる家庭でもそうですし、
おじいちゃんやおばあちゃんがいる家庭でもこのようなスペースは必要ですよね。

2階をリビングスペースにするときにはできるだけ間仕切りを造らないことがポイント☆
間仕切りがなければその分解放感溢れますし、空間を広々と使うことができるでしょう。
たった一つ壁がないだけでも随分印象は変わってきますしおススメですよ。

リビングへの入り口のドアや廊下などを造らずすべてオープンにしておけば
狭小住宅とは思えないほどの開放感を感じることができるでしょう。

間仕切りを造らないことでバリアフリーにもできますから、
お体が不自由な方やご高齢の方が家族にいるというファミリーにもおススメできます☆

二階部分すべてがリビングスペースだととても広々とした空間となりますし、
家族も自然と集まってこれるのではないでしょうか。

階段で一階に降りるときも必ずリビングを通ることになるでしょうし、
自然と家族が顔を合わせる機会が増えていきます。
思春期のお子さんが複数いるという家庭にもイイかもしれませんね。

吹き抜けとらせん階段でデザイン性をアップ

吹き抜けやらせん階段を上手に使うことで
狭小住宅がまるで広い家のように見えます☆

吹き抜けがあれば開放感は抜群ですし、変な圧迫感を感じることもないでしょう。
狭小住宅の多くが吹き抜け構造を採用していることからも
その有効性は理解できるのではないでしょうか☆

また、らせん階段を部屋の真ん中に配置するなど工夫することで
デザイン性をよりアップすることもできます。

20坪程度の狭小住宅だとどうしてもデザイン性にこだわることが難しくなってきます。
機能性や快適に暮らせるスペースを確保することに躍起になってしまうことが多いですし、
どうしてもデザイン性が後回しになってしまうことがありますが、
せっかくのマイホームですからできればデザインにもこだわりたいものですよね。

部屋の真ん中にスケルトンのらせん階段を配置することで
デザイン性も大幅にアップできること間違いなしです♪

らせん階段を使えばわざわざ階段室を造ることもありませんから
スペースを有効に活用できますし、見た目の印象もイイです☆
リビングの真ん中などにらせん階段がある場合でも階段専用の壁などもありませんし、
お部屋がとても広く見えるという効果もあるんです♪

まるでオシャレなオフィスのような住宅にもなりますし、
デザイン性と快適性、空間デザインなどすべてにおいてグッドな存在になりますよ☆
ぜひらせん階段も検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加