住宅の間取りはどうやって決めたらいいの?

住宅の間取りについて考える際にぜひとも知っておくべきことをまとめました。

ローコスト住宅の間取りはどうやって決めたらいいの?

間取りを自由に設計してくれるハウスメーカーを探そう

注文住宅の間取りを考える際には、
できるだけ自由な設計ができる会社を選ぶ方が良いでしょう。
それぞれの家庭によって理想的な間取りは異なっています。
画一的な間取りでは満足できないというケースは多いです。

そのため、できるだけ自由な間取りが可能なハウスメーカーを選ぶことが望ましいです。
理想の家を作るためには、こちらの希望をできるだけ取り入れた上で
素晴らしい間取りを提案してくれるハウスメーカーと契約したいですね。

間取りというのは生活の快適さに大きな影響を与える重要な要素です。
間取りによって、そこでの生活はかなり変わってしまいます。
自分達家族が本当に快適で心地よい暮らしができるような間取りを追求してみてください。

そのためには取れる選択肢は多い方が良いです。
ハウスメーカーの都合でこちらの希望通りの間取りが
不可能になってしまうと不満が残ってしまいます。
制約がない方が納得できる間取りの住宅を実現できる可能性は高くなります。

いろいろなハウスメーカーが存在しており、それぞれ間取りに対する考え方は違います。
メーカー側が用意した間取りプランしか受け付けてもらえないケースもあれば、
できるだけこちらの希望を柔軟に叶えてくれるような
良心的なハウスメーカーも存在しています。
ハウスメーカーの担当者とは間取りについてよく話し合っておきましょう。

間取りは家族全員の意見を聞いて考えるべき

間取りというのはその家の生活全体に大きな影響を与えるものです。
そのため、そこに住む人全員の希望をきちんと確認しておくことが大切です。
誰か一人だけの希望を優先させてはいけません。

そこに住んでいる家族全員が間取りについて考える権利を持っています。
そのため、これから注文住宅を建てようと思っている方は
きちんと家族みんなの意見を聞いておきましょう。
家族全体で話し合う機会を設けて、それぞれの希望を聞いた上で
どのような間取りが良いのかをじっくりと検討したいですね。

この時には子供の意見を確認することも大切です。
子供も家族の一員であることに変わりはなく、
これから先ずっとその家で生活をしていくことになるメンバーなのです。
そんな子供の意見を無視してしまうようなことにはならないようにしましょう。
家族の誰かが不便に感じるような間取りは望ましくありません。

両親と同居するような場合でもしっかり希望を聞くようにしたいですね。
この場合、両親と子供のどちらを優先させるのかという考え方をするべきではありません。
みんなの意見は基本的に平等に扱うようにしましょう。

もちろん、どこかで妥協しなければいけないケースもあります。
その場合でもみんなを納得させることが必要となります。
不満が残ったままの状態で住宅の注文をすることがないようにしましょう。
間取りの問題はとても重要であり、慎重に検討するべきです。

将来ライフスタイルが変わる可能性も考慮する

新築で建てる家の間取りを考える際は、
現時点の家族に合った間取りを検討する方が多いかと思います。

これは当然のことであり、今の家族が満足しないような
間取りの家で生活することになったとしても、不満が残ってしまいます。

しかし、現時点の家族構成やライフスタイルだけにこだわってはいけません。
家族の形態がこれから変わっていく可能性もあるからです。
それにともなってライフスタイルも変化していくでしょう。
将来の生活のスタイルの変化を見越したうえで間取りを考えたいものです。

たとえば新婚の夫婦が注文住宅を建てる場合には、
将来的に子供ができる可能性も考慮しておきたいですね。
今の段階で子供をつくる予定がなかったとしても、未来のことは分かりません。

この先のライフスタイルがどうなるか分からないのであれば、
どのようなライフスタイルになったとしても
対応できるような間取り
を検討しておくのもおすすめです。

いろいろな生活のスタイルが存在しており、
将来思わぬ形でライフスタイルの変化を余儀なくされることもあるかもしれません。
その時になって慌てて間取りを変えようと思ってもなかなか上手くいきません。

家の建築を注文する段階で将来のことも頭に入れて
間取りについて考えてみるようにしましょう。
必要以上に部屋の数が多かったり、
逆に部屋の数が不足してしまうことがあるととても不便です。
あらゆる状況を想定しておくようにしましょう。

コストカットをするための間取りとは

一軒家を建てる場合であっても、その価格には違いがあります。
中でも低価格の住宅、ローコスト住宅としてできるだけ費用を抑えたい場合には
間取りをどのように考えるべきなのでしょうか。

間取りの違いによって住宅にかかるコストは違ってきます。
できるだけコストのかからないような間取りにこだわることによって、
より安く住宅を建てることができます。

まずできるだけ凹凸を作らないことが重要です。
同じ面積の住宅の場合は、凹凸がなく
シンプルな形をしている方がコストを抑えることができるのです。
凹凸があると余計な手間がかかってしまったり、材料も増えてしまいます。

そのため、ローコスト住宅を提案するハウスメーカーの中には、
住宅の形はシンプルなものにしか対応していないことも多いです。

下屋を作らないことも大切です。
下屋というのは二階建ての建物の一階部分の屋根のことです。
もし下屋があると余計に屋根の面積が増えてしまうことになり、
さらには基礎の面積も広くなってしまいます。
これによって余計なコストがかかってしまうのです。

たとえ平屋ではなくても下屋がある場合は
コストアップになってしまうため気をつけましょう。

二階にも水回りを設計する場合には、一階の真上に設置した方が良いでしょう。
そうすれば配管を短くすることができます。
壁の位置についても一階と二階で揃えておいた方が良いです。

こういったことはハウスメーカーの方でアドバイスしてくれることが多いです。

メーカーの担当者にきちんと希望を伝えることが大切

住宅の間取りについては、自分達でできるだけ
詳細な間取りのプランについて担当者の方に伝えるのが一番良いです。

しかし、これまでに具体的に間取りのことについて
考えたことのないという方は多いかと思います。
どのような間取りにすれば本当に自分達の生活が快適になるのか
分からないという方も多いのではないのでしょうか。
素人考えで間取りについて決めてしまって良いのか不安に思っている方もいるでしょう。

そのような方はたくさんいるため、
ハウスメーカーの方に間取りを任せてしまうケースは少なくありません。

しかし、たとえハウスメーカーに間取りを任せるにしても、
できるだけ具体的に詳しく自分達の希望について伝えておきましょう。

どのような生活をしたいのか、これから将来的に
どのように家族構成が変化していくのかを伝えておくのです。
どんな暮らしを送りたいのか抽象的なことでも良いため伝えておくことによって、
できるだけ希望を満たした間取りを考えてくれます。

それらの希望を元に、ハウスメーカーの方でさまざまなプランを提案してくれるでしょう。
その中から好きなものを選べば良いのです。
これならば自分で細かい部分まですべてを考える必要がないため安心できます。

できるだけ多くの選択肢を用意してくれるハウスメーカーならば、
その中から理想的な間取りを見つけることができるでしょう。
担当者の方とはきちんとコミュニケーションを取ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加