1000万円以下で新築一戸建てを建てたい!1000万円で家を買おう

家をできるだけ安く建てたいという方も多いと思います。そういったニーズが多い為、大手ハウスメーカーもローコスト住宅を打ち出していますね。この記事では1000万円で家を買うための注意点などをお話しします。

注文住宅を1000万円台で建てる!おすすめの方法をご紹介

1000万以下で新築一戸建ては可能?

結論からお伝えすると可能です。

最近では大手のハウスメーカーも1000万円以下の家を商品化して大々的にPRしてます。20代で年収が低くても一戸建てが持てるのは魅力的ですね。1000万の家はかなり安い料金設定となっています。一戸建ての建築費用の相場は3000万~3500万前後ですので2000万程度安い計算ですね。

ただ、安いだけあってオリジナルな家を建てれない可能性は高いです。せっかく高いお金を支払って城を築くわけですから、こだわりや理想は誰でもあると思います。低コストだけど、できる限り要望を反映してほしいという方は、それを実現できる業者を探す必要があります

>>安く理想の家を手に入れる方法
>>実際に業者を探してみる

1000万円という予算でも満足な家を建てられたという声もよく聞きますので、あきらめず業者探しをしましょうね!

ローコスト住宅という選択もある

注文住宅を建てるとき、重要なのはその建築に携わる住宅メーカーを決めることです。
ローコスト住宅を専門にしている住宅メーカーですと、安い場合は数百万、上下水道や諸経費、外構工事などを入れても1000万円程度で家を建てられます。

ローコスト住宅ですと、期待したようなオプションはつけられませんが、基本的な住宅についている設備は備わっていますので最低限の予算で注文住宅を建てることができます。しかし、オプションはあまりつけられないことも多いです。

1000万円程度で建設できるメーカーは探せばありますが、宣伝費をかけられないためなかなかヒットしなかったり、なかには悪質な業者もありますので、しっかりと信頼できる業者を探すことが必要です。

ローコスト住宅は、一括して仕入れたり一斉に色々な物件の工事をすることで工期を圧縮したりします。そのため、住宅が次々と建設されているような住宅地で注文住宅を建てることが推奨されます。

ローコスト住宅の価格は、メーカーによっても差がありますが、例えば坪単価が30万円から40万円程度の住宅を30坪で建設したとします。そうすると、900万円から1200万円程度になります。諸経費400万円から500万円程度を合わせても、高くても1700万円程度で家を建てられます。一戸建ては高いという観念を覆してくれます。

必要ない部分節約する

注文住宅を1000万円台という安価な費用で建てようとすると、やはり妥協してよい項目はコストを抑える必要があります。

妥協ポイント1:水回り

水回りは妥協しても目立ちません。オールステンレスの水回りは魅力的ですが値段が高いです。よって、木製キャビネットやホーローなど、水回りのグレードを落とすというのも一つの方法です。確かに、水回りを妥協すると20年程度しか使えませんが、たいてい20年使うと水回りをフルリフォームする人が多いので問題ありません。

妥協ポイント2:外装板をグレードダウン

外装板をグレードダウンすることで注文住宅の費用を抑えることができます。紫外線から守るコーティングなどがついていないものになりますが、少し古い家ですとそのような機能はついていませんので、なくても住むには問題ありません。

妥協ポイント3:建具

そのほか、建具についても、そのハウスメーカーごとに得意とする仕入れ先があります。そういった情報を得て、安く仕入れられるところで建具や床材を調達することで費用を下げることができます。

妥協NGポイント:断熱剤や環境への配慮

しかしながら断熱剤や環境への配慮は妥協すべきではありません。2020年に省エネ基準の義務化が始まることで改修工事が必要になるリスクがあります。それだけでなく何より、断熱材のグレードを下げると、外気が入りやすくなりますので、夏場の冷房、冬場の暖房など光熱費もかかります。

妥協すべきところは妥協すると安く抑えられます。

間取りを工夫するとコストダウン

シンプルで四角い間取り

お金のかからない間取りを実現することによって、1000万円台での住宅建設を実現できます。一番お金のかからないパターンは、総二階の家で、シンプルで四角い間取りです。1階と2階で面積が違ったり、L字型の面積にすることにより、材料をカットする必要があったり、角が増えるため角を処理する費用も高くなります。そのため、2階まである家のそしてシンプルで四角い家にすると合理的でお金がかかりません。

1階だけ広いと、その部分の屋根やひさしの工事が必要ですが、1階と2階の面積が同じなら、2階に屋根を付けるだけで済みます。そのため、家の外観は四角く、1階と2階の形が同じになるようにしましょう。

全室洋室にする

全室洋室にするのも、予算をかけない注文住宅を建てるポイントの一つです。なぜなら和室は、畳の敷き込みや壁の造作、そして障子やふすまの準備、床の間の準備といったように手間がかかります。全室洋室にすることで部屋の様子や間取りも同じようにできるので、効率的に工事が済み結果的にコストの削減につながります。

家の形状が複雑であればあるほど、費用が掛かります。そのため、家の形をできるだけシンプルにすることは、工事の手間がかからず、工期を短縮することができます。

余分な装備はなるべく省いたシンプルな間取りこそが、注文住宅を安く建設する一番重要なポイントになります。

1000万円の家は、土地・外装内装も重要

地盤が強い土地

100万円台で注文住宅を建設するには、構造や内装、外装もシンプルにすることが大切です。まず、土地を選ぶときは地盤の強さを調べます。地盤が強い土地ですと、地盤改良をするための費用が大幅にカットできます。

構造はシンプルに

構造もシンプルにするとよいです。窓の数は極力少なくし、出窓を作らず、屋根の形状をシンプルにすると外装費用も抑えられます。

部屋数は最低限に

部屋の数は、最低限にしましょう。部屋の数を少なくすることで、壁の工事も少なくて済みますので、材料や工賃を下げることによって、1000万円台の注文住宅を建設することができます。部屋の数を少なくして、間仕切りやパーテーション、家具を配置するなどという工夫をしましょう。

玄関のドアは片開

玄関のドアも片開きにすることで、親子扉よりも費用を削減できます。外構工事についても、注文住宅においては費用がかさむ原因となります。複雑なカーポートを作ったり、頑丈な門構えを作ると、それだけで複雑になって工事費用がかかります。

乾式工法

外装工事については、水を使う湿式の工法を避け、乾式工法を使うとよいです。なぜなら、工期が短くなるからです。床材は、用途によって使い分け、あまり使わない部屋なら、少し床材のコストダウンをはかるとよいでしょう。

ドアなどの建具については、オリジナルでなく既製品を使うとコストを削減することができるなど、さまざまな工夫をすることで安く済ませられます。

一括サイトを利用することで最適な会社を探せる

注文住宅を1000万台という低価格で建築するためには、
いくつかの住宅メーカーで比較して、
自分のしたい間取りや建てたい土地を得意とするところに決めることで
合理的でなおかつ値段を下げることができます。

たとえば、地域密着の工務店なら、広告宣伝費をかけていないため
お金をかけなくても安く済ませられるところもあります。

一般的に注文住宅を作るには、住宅メーカーや工務店、設計事務所などといった多様な選択肢があります。
それぞれにメリットやデメリットがあり、一社一社比較するのは骨が折れることです。

そういうときにおすすめなのが、注文住宅の一括見積もりサイトを利用することです。
上記のサイトでは、自分の建てたい間取りや建てたい土地などの情報を入力することで、
地域密着の会社や大手ハウスメーカーなどの中から最適な会社を選ぶことができます。

注文住宅は、すでに建てられてある住宅を購入する分譲住宅と違って、
自分で決めることが大変多いです。
そのため複数の担当者と話すことで、自分がこだわるところと、
こだわらないでグレードを落として費用を削減するところというように区別できます。

複数の住宅業者の中から最適な業者を見つけられる一括サイトは、
安い業者が見つかるのはもちろんのこと、
複数の担当者と話すことで、費用をどこから削減したらよいのかという勉強ができます。
自分のしたい間取りを低価格でやってもらえる業者と出会えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加