二世帯住宅を建てることの大きなメリットとは?

二世帯住宅にはいろいろなメリットがありますが、ここではいくつか代表的なものをご紹介します。

二世帯住宅を建てることで得られる大きなメリットとは?

日々の生活で協力し合うことができる

二世帯住宅とは親世代と子世代の二世帯で暮らすことができる住宅のことで、
建物自体は一つですが二つの世帯が暮らせるように工夫が凝らされた建物です。

玄関を二つ別々に配置するようなタイプもありますし、
玄関に上がったところに階段やドアが設置され、そこで分岐できるようになっているような住宅もあります。

二世帯住宅にはいろいろなメリットがあると言われていますが、
その一つとして日常生活で協力し合えるということが挙げられます。

どちらかの世帯が不在のときに家事をお願いすることもできますから、
部屋を掃除してもらったり不用品をかたづけてもらったりすることもできるでしょう。

また、最近では女性も外に働きに出ることが多くなっていますし、
小さなお子さんを預けたいと考えている方も多いはず。
二世帯住宅ならいつでもおじいちゃんやおばあちゃんに預けることができますし、
祖父母にしても孫に会えるのはうれしいですよね☆

このように、日常生活においてさまざまな協力ができるというのが大きなメリットの一つです。
ほかにも日々の生活を送る上でいろいろとお願いすることもできますし、
お互いの世帯が助け合って暮らしていけるというのはとても素晴らしいことではないでしょうか。

両親の具合が悪くなってしまったときなどにすぐ駆けつけることができるというのも二世帯住宅ならではのメリットですし、
安心して暮らせます。


何かあったときに助けてもらえる

日々の生活でもさまざまなメリットを得ることができる二世帯住宅ですが、
突然予想もしていなかったことが起きた場合などにも協力し合うことができます。

例えば、外出中に急に雨が降ってきたときなどもそうですよね。
自宅に洗濯物を干したままというケースもありますし、
このような場合だとせっかく干した洗濯物がビショビショになってしまいます。
でも、二世帯住宅なら連絡して洗濯物を取り込んでもらうようにお願いすることもできますし、宅配物の預かりなどもお願いできるのです。

また、病気などになってしまったときに家族がそばにいてくれるというのは心強いものですよね。
夫婦共働きの場合だとどちらか一人が風邪をひいて寝込んでいるときなどは基本一人で寝ているしかありませんが、
そんなときに同じ家に住む親族がお見舞いに来てくれたり、看病に来てくれたりするととても心強いです。

家を完全に留守にしてしまうのが心配という方だと旅行にも
なかなか出かけられないと思いますが、二世帯住宅ならそれも心配ありません。

自分たちの家族は旅行に出かけても、両親は家にいますから家を完全に空けることにはなりません。
のんびりと旅行などを楽しむことができますし、留守中の心配などもしないで済みます。
ペットを飼っているのならそのお世話もお願いできるというメリットがありますね。


経済面で助け合えるメリットがある

経済面で助け合うことができるのも二世帯住宅のメリットではないでしょうか。
二世帯住宅なら、まず建てるときのお金から両親が援助してくれるケースも少なくありません。

通常、新築の一戸建て注文住宅を建てようとすると自分たちで頭金を用意してローンを組む必要がありますが、
親の持っている土地に二世帯住宅を建てる場合だと快く負担してくれることも多いです。
金銭的にはかなり助かるのではないでしょうか。

建物のメンテナンスや維持費に関しても今後折半することができますし、経済的な負担は少なくなるでしょう。
電気代や水道代なども軽減できますが、これは世帯同士でケンカになってしまうこともあるため事前にしっかりとルールを決めておくことが大切です。
家族と言えどお金のことでトラブルになってしまうことはありますから、どのように折半するかをしっかり話し合って決めておきましょう。

住宅を建築するにあたってさまざまな税金が課せられることもありますが、二世帯住宅の場合は優遇措置があります。
新築時の税金は意外と高くなってしまいがちですが、二世帯住宅なら税制面で優遇措置が取られるためそこまでの負担はないでしょう。

このように、二世帯住宅には経済面の負担を少なくできるという大きなメリットがありますから、
これだけでも二世帯住宅を建築して同居する価値は十分あると言えるでしょう。


メンタル面でのメリットもたくさんある

二世帯住宅ではそれぞれの家族が一つ屋根の下で別々に暮らしています。
しかし、大切な家族がすぐそばにいるというのはやはり安心感がありますし、
メンタル的なメリットを得ることができるでしょう。

分離同居ではありますが、週末などに一緒に過ごしたり共用部分で時間を共にしたりと、
家族と一緒にいる安心感を常に感じられるというのは大きなメリットではないでしょうか。

子供の成長にとっても良い効果が期待できます。
祖父や祖母が遠方に住んでいるケースだとなかなか会うこともできませんが、
分離同居している場合だとその気になればいつでも会うことができます。

また、子供を両親に預けることによって子供はお年寄りを大切にする気持ちを培ったり、人に優しく接することもできるようになるでしょう。
年上の方を敬う気持ちを養うという意味でも子供の成長にプラスになります。

親世帯と一緒に生活することによって子供にもさまざまな影響を与えることができますし、
子供は祖父母からいろいろな話を聴くことができるというメリットもあります。
人を思いやる気持ちも培われ優しい大人になれるでしょうし、
子供の繊細なメンタルにさまざまな良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。

このように、二世帯住宅での生活はメンタル面にも良い影響がありますし、そこも大きなメリットと言えます。
子供の成長に影響があるのは大きいですね。


そのほかにもいろいろなメリットがある

ここまでで二世帯住宅での生活で得ることができるメリットについてご紹介しましたが、
まだまだほかにもたくさんのメリットがあります。

二世帯住宅のデメリットに関する意見も耳にすることが多いですが、
数多く存在するメリットに比べるとデメリットの数は少ないと言えるでしょう。
もちろん、デメリットについても一応知っておいたほうが良いですから、
気になる方は時間のある時にでもじっくり調べてください。

またメリットの続きになりますが、防犯面でもメリットがあります。
完全分離型の二世帯住宅だと玄関が二つありますし、侵入者はどちらに侵入しようか迷ってしまいます。

また、どちらかの家に人がいないとしてももう片方にいる可能性がありますから、侵入を躊躇してしまうのではないでしょうか。
防犯ということを考えたときでも二世帯住宅は一定の効果があると考えられます。

また、二世帯住宅だと土地の相続税評価額が80パーセントも減額されるという話もあります。
一定の条件を満たす必要はありますが、相続税評価額が80パーセントも減額というのは凄い数字ですよね。

ほかにも、ここではご紹介しませんでしたが二世帯住宅での生活にはたくさんのメリットがあります。
一世帯で生活するのに比べてたくさんのメリットを得ることができますし、
家族の絆も強めることができますから検討する価値は十分あります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加