注文住宅が1000万円で建てられる?そのための方法を知ろう!

注文住宅を1000万円で建てることは不可能ではありません。そのためのポイントを紹介しましょう。
注文住宅が1000万円で建てられる?そのための方法を知ろう!

ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーを探す

1000万円で住宅を建てたいと考えている方は多いです。
この希望を叶えたいならばローコスト住宅に注目してみましょう。

大手ハウスメーカーも参入

最近、多くのハウスメーカーや工務店がローコスト住宅を提供をはじめています。

ローコスト住宅とは文字通り通常の住宅よりも安い価格帯の住宅のことであり、
一般的には20万円~40万円の坪単価が目安になります。

メーカーや工務店は、仕入れルートや協力会社との提携のもと
さまざまなコストカットを実現しているのです。

注文住宅もローコストで建つ

注文住宅として自由に設計をしてもらって
なおかつローコストで建ててもらうこともできます。

このようなローコストでサ-ビスを提供しているハウスメーカーに注目してみましょう。

ローコストで家を建てる!業者の選び方

低コストで家が建つ業者選びのコツ
ローコストで注文住宅を建ててくれるハウスメーカーや工務店は限られています。
どのように業者を探せばよいのか悩んでいる方は多いはず。

ここでは、1,000万円で注文住宅の夢が叶う
良い業者さんの見つけ方を紹介します。

安い価格で釣っているメーカー広告に注意

安く住宅を建てることをアピールしているメーカーは多いです。

しかし、実際に見積りをもらってみると
予想以上に費用がかかるというケースもあります。

そのためメーカー選びは価格だけを見て決めるのではなく、
表示価格の他に、どんな費用が必要になるのか
トータルで1000万円(又は予算)に収まるかを確認しながら慎重に行いましょう。

「予算1000万円」とハッキリ伝える

ハウスメーカーの工夫次第で
住宅を建てるためのコストは大きく変化するのです。

1000万円で住宅を建てたいという希望をはっきりと伝えて
それを叶えてくれるようなメーカーを根気強く探しましょう。

「もっと効率よく会社を探す方法は無いの?」
という方は、一括見積りサービスなどで資料請求をすると良いでしょう。

内容と価格を比較できる一括見積サービスを使う

メーカー・工務店を選ぶときは、
いろいろなメーカーから見積りをもらい、価格と内容を比較してみることをおすすめします。

【管理人おすすめ】全国600社以上のハウスメーカー、工務店の中から条件に合った会社に資料請求ができるサービスです。

一括見積ができて充実した資料がもらえる「タウンライフ」

比較することによって、
自分に合ったメーカー・工務店を見つけることができます。

テレビでCMをするような大手メーカーの他にも、
日本にはたくさんのハウスメーカーや工務店が存在しているため、
あなたの希望通りの条件で住宅を建ててくれるメーカーはきっと見つかるでしょう。

面積を小さくすることによってコストが減らせる

1000万で家を建てるには、建築面積を狭くすること
住宅というのは基本的に面積が小さくなればなるほど
コストがかからなくなります。

坪単価から計算して建坪を決める

注文住宅の費用を比較する際には坪単価を見ることが多いです。

それぞれのハウスメーカーごとに
だいたい坪単価が決まっているものです。

1坪あたりどのくらいの費用がかかるのかを示しているものが坪単価です。

これをチェックすることによって、それぞれのメーカーごとに
どのくらいの費用で住宅を建てられるのかが分かるでしょう。

坪単価から計算して床面積を決める

坪単価が40万円だとして、30坪と40坪では400万円も費用が違うのです。

できるだけコストをかけずに住宅を建てようとしている方にとっては
この違いはかなり大きなものとなるでしょう。

コストをかけずに住宅を建てたいならば
基本的にはコンパクトな住宅に住むことになります。

コンパクトで「持たない」生活も素晴らしい

コンパクトでも暮らしやすい機能を揃えている住宅はたくさんあります。

近年「ミニマリスト」や「シンプリスト」といった
物を持たないシンプルでコンパクトな暮らしが支持されています

コンパクトな家に住むことは、
洗練された生活スタイルを保つ秘訣とも言えます。

必要がなければ内装設備のメーカーは指定しない

1000万で家を建てるには、設備機器のメーカーは指定しないこと
キッチンやバス、トイレなどの設備は、おしゃれで高機能なものを導入するには
高額な費用がかかってきます。

トイレやキッチンなどの設備機器はコスパ重視で

1,000万円で住宅を建てる予定でしたら、
たとえばキッチンやトイレ、バスルームなどの設備機器は
なるべくメーカーや工務店指定の標準的なグレードのもの
を選びましょう。

設備機器の独自ルートをもつメーカーも

ハウスメーカーの中には
独自のルートで安く機器や部材を仕入れているケースがあります。

それによって安いコストで住宅を建てることが可能になるので、
メーカー・工務店さんにお任せすると良いでしょう。

ハウスメーカー・工務店側が提案している設備機器を入れたほうが、
工事費などにも影響を与え
結果的に安くなる
というケースも考えられます。

資材・建材も独自ルートで仕入れているメーカーも

特別なルートで安く家をつくるための材料を仕入れているために
コストカットを実現しているハウスメーカーも多いのです。

それを強みにしているメーカーもあります。
そのため、基本的にはこちらからメーカーの指定はしない方が良いでしょう

使用する資材・建材も細かく確認してみよう

ハウスメーカーの人に話を聞いてみて、
どのメーカーの設備機器や部材を用いているのか確認してみると良いでしょう。

安全性や耐久性、利便性などを把握して、納得した上で導入したい、という方は、
それがどれほど安くて、
なぜコストカットを実現しているのか説明してもらうのも良いでしょう。

設備や部材などは住宅のコストカットをするためには重要な要素となるのです。

設備の機能は最低限に抑えましょう

最低限の機能で建築コスト削減
最近は付加価値のある設備がたくさん増えています。

それらによって生活はとても豊かになり、
快適なライフスタイルを実現できるのです。

そのような設備に憧れている人は多いでしょう。

高機能な設備というのは、
機器自体が高価格で、導入にもコストがかかってしまいます

また、メンテナンスにも費用がかかると見込まれます。

コストを抑えて家を建てたいなら、シンプルで丈夫な設備がおススメです。

妥協点と譲れない点をはっきりさせておく

注文住宅を1000万円で建てるためにはどこかで妥協しなければいけません。

住宅に限らず、車や旅行プランなどと一緒で、
利便性や自分達の希望をどんどん追求していけば
自然とコストがかかってしまうものなのです。

妥協点の見つけ方

いくらでも予算があるならばそのような住宅を目指すことも可能なのですが、
1000万円以内で住宅を建てるという目標があるならば、
妥協点をどうしても見つけなければいけないでしょう。

優先順位をつけよう

ハウスメーカーの方と相談をする際には、
絶対に譲れないポイントの優先順位を伝えておくべきでしょう。

それに加えて妥協しても良いポイントについても伝えておくべきです。
そうすることによって、業者側もあなたが納得しやすいプランを考えやすくなるのです。

せっかくの注文住宅ですから、
叶えたいポイントは試行錯誤しながら実現させて
夢のある家づくりをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加