注文住宅が1000万円で建てられる?そのための方法を知ろう!

注文住宅を1000万円で建てることは不可能ではありません。そのためのポイントを紹介しましょう。
注文住宅が1000万円で建てられる?そのための方法を知ろう!

ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーを探す

1000万円で住宅を建てたいと考えている方は多いです。
この希望を叶えたいならばローコスト住宅に注目してみましょう。
最近多くのハウスメーカーがローコスト住宅を提供していることが増えているのです。
これは文字通り通常の住宅よりもコストのかからない住宅のことであり、さまざまなコストカットを実現しているのです。
注文住宅であり、自由に設計をしてもらってなおかつローコストで建ててもらうこともできます。
このようなサ-ビスを提供しているハウスメーカーが存在するため注目してみましょう。

住宅を安く建てるためにはハウスメーカー選びがとても重要なのです。
ハウスメーカーの工夫次第で住宅を建てるためのコストは大きく変化するのです。
そのため、1000万円で住宅を建てたいという希望を伝えて、それを叶えてくれるようなメーカーを探しましょう。
安く住宅を建てることをアピールしているメーカーは多いのです。
しかし、実際に見積りをもらってみると予想以上に費用がかかるというケースもあります。
そのためメーカー選びは慎重に行いましょう。
いろいろなメーカーから見積りをもらってみて、それを比較してみることをおすすめします。
そうすることによって、本当に安く住宅を建ててくれるメーカーを見つけることができるのです。
たくさんのハウスメーカーが存在しているため、
あなたの希望通りの条件で住宅を建ててくれるメーカーはきっと見つかるでしょう。

面積を小さくすることによってコストが減らせる

住宅というのは基本的に面積が小さくなればなるほどコストがかからなくなります。
注文住宅の費用を比較する際には坪単価を見ることが多いです。
それぞれのハウスメーカーごとにだいたい坪単価が決まっているものです。
1坪あたりどのくらいの費用がかかるのかを示しているものが坪単価です。
これをチェックすることによって、それぞれのメーカーごとにどのくらいの費用で住宅を建てられるのかが分かるでしょう。

坪単価が40万円だとして、30坪と40坪では400万円も費用が違うのです。
できるだけコストをかけずに住宅を建てようとしている方にとってはこの違いはかなり大きなものとなるでしょう。
坪単価の安さにこだわるのと同時にできるだけ面積を最小限に抑えた住宅を建てるべきでしょう。
そうすればコストを抑えることができるので。
また、床面積にも気をつけましょう。
敷地面積が小さかったとしても床面積が広いならば結果的により大きなコストがかかってしまうのです。

コストをかけずに住宅を建てたいならば基本的にはコンパクトな住宅に住むしか選択はないでしょう。
これは仕方のないことだと諦めるべきです。
コンパクトでも暮らしやすい機能を揃えている住宅はたくさんあります。
ハウスメーカーはできるだけ快適に生活できて、
なおかつコストを抑えた住宅を提案するためにいろいろな工夫をしているのです。

必要がなければ内装設備のメーカーは指定しない

これから住宅を建てたい場合にはいろいろな希望を出したくなるかもしれません。
たとえばキッチンやトイレ、バスルームなどに設置する機器についてメーカーの指定をしたいという人がいるかもしれませんが、
コストを抑えたいならばこれはやめておいた方が良いでしょう。
特定のメーカーの機器や部材でないと駄目だという希望を持っている人がいるかもしれませんが、
特別なこだわりがないならば基本的にはメーカーに任せてしまった方が安く済むことが多いのです。

ハウスメーカーの中には独自のルートで安く機器や部材を仕入れているケースがあるのです。
それによって安いコストで住宅を建てることができるのです。
メーカー側が提案しているものの方が結果的に安くなるというケースは珍しくありません。
特別なルートで安く家をつくるための材料を仕入れているためにコストカットを実現しているハウスメーカーも多いのです。
それを強みにしているメーカーもあります。
そのため、基本的にはこちらからメーカーの指定はしない方が良いでしょう。
ハウスメーカーの人に話を聞いてみて、
いったいどのようなメーカーの設備機器や部材を用いているのか確認してみると良いでしょう。
それがどれほど安くて、どのくらいのコストカットを実現しているのか説明してもらってください。
設備や部材などは住宅のコストカットをするためには重要な要素となるのです。

設備の機能は最低限に抑えましょう

最近は付加価値のある設備がたくさん増えています。
それらによって生活はとても豊かになり、快適なライフスタイルを実現できるのです。
そのような設備に憧れている人は多いでしょう。
しかし、そのような設備というのはコストがかかってしまいます。
高機能であればあるほど高いコストがかかるため、
それを導入してしまうと費用が増してしまうでしょう。
できるだけ住宅にかかるコストを抑えたい方にとっては、高機能な設備というのは邪魔なものとなってしまうのです。

バスルームやトイレ、キッチンなどには特に付加機能のたくさんついている設備が増えています。
それらの機能が自分達の生活に本当に必要なものなのかを考えてみると良いでしょう。
よく考えてみたらあまり必要ないと思われるものがたくさんあるはずです。
最初は物珍しさで利用したとしても、だんだんとそれに慣れてしまい便利には感じなくなることが多いです。
ついにはそのような機能を利用しなくなってしまうこともあるでしょう。
それならば最初から付加機能をつけていなかった方がコストカットができたと後悔することになります。
住宅を安くすることを最優先にするならば、高機能な設備を利用することは諦めるべきです。
特に1000万円で住宅を建てたいと思っているならば、無駄な機能はできるだけ排除した方がコストカットができるのです。
よく検討してみるといいですね。

妥協点と譲れない点をはっきりさせておく

注文住宅を1000万円で建てるためにはどこかで妥協しなければいけません。
これは仕方のないことです。
住宅というのは自分達の希望をどんどん追求していけば自然とコストがかかってしまうものなのです。
いくらでも予算があるならばそのような住宅を目指すことも可能なのですが、
1000万円以内で住宅を建てるという目標があるならば、妥協点をどうしても見つけなければいけないでしょう。

しかし、それぞれの家族ごとに住宅の要素としてこれだけは譲れない点があるでしょう。
そのような点まで妥協してしまうと何のために家づくりを目指しているのかが分からなくなってしまいます。
家づくりでは確かに妥協することがコストカットの一つのコツとなるのですが、
自分が最優先したいポイントについてはきちんと実現させるべきでしょう。
あまり重要ではない要素を削りながら、譲れないポイントだけはきちんと残したプランを考えることが大切なのです。
ハウスメーカーの方と相談をする際には、絶対に譲れないポイントの優先順位を伝えておくべきでしょう。
それに加えて妥協しても良いポイントについても伝えておくべきです。
そうすることによって、あなたが納得しやすいプランを考えやすくなるのです。
その際には家族でよく話し合ってどのようなポイントを重視したいのかをはっきりさせておくと良いでしょう。
それをメーカーの担当者に伝えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加