新築一戸建てを建てる際にかかる費用

新築住宅の物件を購入する費用の目安

最近、家賃を支払うのと変わらない価格で
マイホームを建てる家づくりが始まっています。

マイホーム購入と一言で言っても、
マンションを購入するのか、一戸建にするのか、
新築の物件にするのか、一から家を建てるのか等、
大きな買い物の分考えるべき事柄が山のようにあります。

しかし、まず一番念頭におかなければならないのは、
いくらかかるのかということです。

相場をリサーチしよう

自分の収入や預貯金、家族計画などを照らし合わせた上で、
相場をリサーチすることが大切です。

今回は一戸建ての家を建てる場合にかかる相場等の
基礎的な知識について説明します。

一戸建てはどこの「土地」に建てるかが費用のカギを握る

マンションや中古の物件の購入と違う点は、
まず、土地の購入、そして家の建築といった2段階の手続きを踏むと言うことです。

既に土地を持っている方、建て替えをする方は、
土地代がかからない分、建物にかかる費用だけで済みます。

しかし、これから住まう土地を購入する場合、
住む地域によって大きく費用に差が出ます。

例えば、東京都世田谷区で最も(2017年時点)土地相場が安い
「喜多見」という地域では、

喜多見
33万7090円/m2 111万4350円/坪

となっていますが、
世田谷区で最も(2017年時点)土地相場が高い
「下北沢」という地域では、

下北沢
94万0111円/m2 310万7805円/坪

となっています。同じ世田谷区内で、
同じ面積の土地でも、喜多見より下北沢は1.8倍の価格なのです。

▼参考サイト▼
土地代データ
https://tochidai.info/
なお、土地の価格は1年ごとの調査で変動しています。
また、実際は不動産の所有者、仲介する業者、立地条件などで
大きく変わりますので、購入の目安としてお考えください。

土地建物の費用以外にかかる「諸費用」

それらの購入費用の目安としては土地の代金と建設にかかる費用の
6パーセントから10パーセントが相場ですが、ローン等によって差もあるので要確認です。

費用の支払いスケジュール

大まかな支払いスケジュールですが、
土地の購入時に手付金約10パーセントほどを支払い、
家の建築時に工事契約金として工事費用の約10%、
着工金と中間金として、それぞれ工事費用の約30%等の支払い、
引き渡し時に引っ越し代や家具購入代、不動産取得税などを支払います。
その後は住宅ローンの返済やメンテナンス費などはかかり続けます。

家を建てる際にかかってくる費用は、どこにたてるのか、間取りはどの程度かによって
相場は様々なので一概にいくらかかると計算することはできませんが、
どれくらいがどのタイミングでかかってくるのかを知っておくことが大切です。
若いうちに家を建てることで先々、
若い内にローンの返済が終了するというメリットがあります。

老後を安心して暮らしたい、そう願う方が多く、
働けるうちにローンを完済する方法を選ぶ方が急増しています。

また、マイホームを考えた時に、
家を建てる土地に悩んでいる方は、
土地と家がセットになった建売住宅もあります。

低価格で夢のマイホームが
実現する住宅会社も増えており、
家の品質を保ち、住宅価格を抑えるため、
住宅価格のコストダウンを実現しお得な住宅を販売してあります。

マンションよりもお得な戸建住宅が今では大変評判になっています。

また、新築マンションや一戸建てを買うときの、費用の目安は、
購入物件が決まったら百万円単位のお金が必要になります。

また、売買契約から引き渡しまでの期間は物件により異なり、
新築マンションのなかには
この期間が1年以上の物件もあります。

こういった物件なら、引き渡しまでの間に
貯蓄を頑張って捻出することも可能です。

新築住宅の場合、消費税は、
建物分の価格にかけられる
ことになります。

購入諸費用のうち、仲介手数料、ローン借入費用・・・etc

また、登記を専門家に依頼した時にかかる「登記費用」のうち
司法書士報酬などは消費税がかかる費用になります。

住宅メーカーによって違いがありますが、
住まいを購入する際に、現金が必要な部分と、
ローンで支払える部分があるので、
購入する住宅メーカーと相談することが必要です。

新築戸建てを建てる際、心配だという声が多いのが、やはり費用の面です。

新築戸建て、費用面での心配を解消したい。

ほとんどの方が住宅ローンを組んで、長期にわたって支払っていく必要があるため、
実際に理想の家をいくらくらいで買えるのかということは、家を建てるにおいて重要な課題のひとつなのです。
もちろん、この費用に関しては、どのような住宅を建てたいのかによってさまざまです。

設備の違い、使用されている素材、デザインを有名なデザイナーに依頼した場合など
その希望によって一概に言うことはできません。
たとえば最近では自然素材が注目されていますが、
やはりこだわっている分、費用は高くなることがほとんどです。

ですが相場としては、平均的な木造家屋で2000万円くらいとなっています。
不況などによって、あまりに高価な住宅では売れにくいという背景があります。
もちろん敷地としての土地と合わせた場合は更に価格が上がり、
土地と住宅で4000万円~5000万円くらいが平均的な価格となっています。
ですが、土地自体も都会と郊外ではかなりの差がありますので、
自分の希望している土地によって住宅に使える金額も変わってきます。

たとえば、すでに新築戸建を建てるための土地を所有されている場合は、
住宅費用にお金をかけることができますので、3000万円程度が多くなっています。
設備等を理想に近づけることができるので、土地を持っていることは
自分の理想の家造りにおいて、非常に優位なこととなっています。

もし新築戸建てを手に入れることをお考えであれば、
まずは住宅展示場にでかけ、複数の住宅メーカーを見学することも有効な手段です。
実際にそれぞれの違いを比較することで、
これまで不明瞭だった希望や新たな視点が見つかるなど、勉強になるからです。
また、カタログをもらうことで最新設備などの知識も得ることができます。

もちろん、見学をしたからと行ってそこで新築戸建てを契約しないといけないわけではありませんし、
最近では子供が喜ぶイベントも開催している場合がありますので、
週末など家族で気軽に出かけてみる方が増えています。

比較検討した中から、いくつかのメーカーを選び、
たとえばそのなかで良い土地を探してくれた業者に発注するなど、
複数の視点ですすめていくことで、費用を抑えられる可能性が高まります。
自分の希望に親身になってくれるメーカーであれば、高い買い物である住宅購入も、
失敗なく安心してすすめることができます。

複数の業者を比較することで、自分に合った業者を選ぶことができると同時に、
複数見積もりによって相場を知ることができ、交渉する際にも有益となります。
購入の際に多くの方が組むことになる住宅ローンですが、その金額の目安は年収の約5倍と言われています。

ですが、ライフプランによって収支は変化しますので、
住宅展示場などで無料で行われているファイナンシャルプランナー相談に参加することで、
お金の面での不安を解消するのもひとつの手段です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加