平屋建て住宅は建築費用が安く抑えられる?平屋住宅の魅力を紹介

平屋住宅は住宅として面白みがないとか、土地の無駄遣いだ…という声を耳にしますが、メリットがたくさんあるんです。このページでは平屋住宅の建築費用平屋住宅の魅力について紹介していきます。

平屋住宅の建築費用は?

平屋住宅は建築費用が抑えられると聞きますが実際どうなのでしょう?平屋住宅の建築費用を調査してみました。

↓↓↓↓

ある住宅情報サイトによると平屋住宅の坪単価は60万~70万前後とされているようです。例えば35坪の家を建てた場合の建築費用は2,100万~2,450万円という事です。

もちろん、依頼する業者やあなたの拘りによって建築費用が左右されます。正しい金額を調べたいのであれば、必ず見積もりを取りましょう。見積もりは無料でとれるので、リスクはありませんよ。

>>平屋住宅の見積もりをしてみる

建築費用の見積もりを1社からもらって満足する方も多いのですが、危険です。以下の記事でも紹介していますが、業者によって見積金額が大きく異なる場合があるのです。

>>少しでも予算を抑えたい方

少しでも予算を抑えて平屋住宅を建てたいという場合は相見積もりを必ず行いましょう!

相場よりも重視すべきポイント

相場を知ること、相場を元に業者を選ぶことは大切です。ただ、平屋の注文住宅を建てるときには相場以上に重視するポイントがいくつかあります。

平屋住宅は間取りが命

相場よりも重視するべきポイントとして、まず、間取りが挙げられます。平屋は2階建て住宅などに比べて間取りが非常に重要となりますし、間取り次第で生活の利便性が大きく変わってきます

平屋だと当然一階部分にしか建物がありませんし、部屋から部屋への移動距離も長くなりがちです。そのため、慎重に考えながら間取りを考えないと暮らし始めてから住みにくいということにもなりかねません。

注文住宅だと間取りも自分たちの自由になりますが、平屋の間取りはプロでもじっくり考えることがあるくらい難しいものです。素人考えで手を出してもいいようなものではありませんから、建築士の方にじっくり相談しながら決めていきましょう。

ハウスメーカー毎の強み弱み

平屋を建てるのなら当然業者を選ぶ必要がありますが、基本的にハウスメーカーや工務店、建設会社などなら平屋の注文住宅には対応してくれるでしょう。

ただ、その業者がどのような強みや特色を持っているかは分かりませんから、事前にある程度リサーチしておくことが大切です。

できるだけ平屋建築に長けた実績のある業者に依頼することが大切です。

>>平屋住宅に強い業者を探す

とりあえずどこでも建築は請け負ってくれるだろう、と依頼してしまうと後悔してしまうことにもなりかねませんから、上記のサイトのような平屋に特化したサイトから選んで比較することが重要です。

家族でしっかり話し合おう

基本的に平屋の間取りはプロにお任せしたほうが良いのですが、ある程度家族でも理想的な間取りや設備について話し合っておく必要があります。平屋住宅の場合、二階建て住宅と比べてみると家族の距離が近い設計になります。

家族みんなで話し合いをせずに家を建ててしまうと、実際に暮らし始めてから家族の不満が噴出してしまうこともあります。家族関係が崩れてしまっては元も子もありません。

そんな不満だらけの家で家族が仲良く暮らせるわけはありませんから、そういう意味でも家族で話し合いの場を持つことは大切です。

平屋建て住宅は注目が高まっている

建築費用が安く抑えられる平屋建て住宅

リフォームや増改築の世界で「減築」といって、例えば2階建てを平屋建てにするなど、これまでにない興味深い動きが見られるようになりました。平屋建ての特徴は、何と言っても生活動線がフラットであることです。上下の動きがないので、身体的に楽です。上下の動きがないということは、つまり階段の上り下りがないということです。

歳をとるとほんの数㎝の段差でもつまずいて、転んでしまいます。ひとくくりにシニア世代といっても、身体的なレベルはさまざまで、元気のお過ごしの方も多いのも事実ですが、体の自由がきかなくなった時、フラットな環境で生活できることは、大切な要素となります。
そして、それを実現しやすいのが、平屋建て住宅なのです。

このほか、建物の規模が小さく、施工費用が比較的に安く済むことや、建物の重量が軽いため、大地震などの被害を受けにくいなどの特徴があります。ニュージーランドのクライストチャーチで発生した地震の被害では、レンガ造りなど重い建物が被害に遭っています。

平屋建て住宅の場合は建物の重量が軽く、(あってはならないことですが)仮に倒壊したところで、住人が助かる確率は高いといえます。火を使わないオール電化を組み合わせると、より安全性が確保されます。一階建ての住宅は、建物の規模が小さく、建築費用が安く抑えられる傾向があります。ハウスメーカーがわざわざ、一階建てを商品化する動きも出てきています。

バリアフリーで、地震の被害も少ない!

工務店の坪単価とその単価比較の注意点

今、住宅市場においては、シニア世代の方が自宅を売却(もしくは賃貸化)して、マンションに移り住むケースが増加しています。自宅というのは、郊外にあるケースが多く、買い物や病院への通院など生活の利便性が高い、都市部のマンションに住みかえるという動きです。

マンションの良さは、多くの場合、エレベーターがあるため上下階の移動による身体の負担が少ないことがあります。そうした点に魅力を感じるからこそ、シニア世代の皆さんはマンションライフを選択されているというわけです。

マンションと同じような利便性が享受できるのが、一階建ての住宅です。特に、都市部居住ではなく、郊外での暮しを望む方や、都市部でも自宅の建て替えを希望される方は、一階建てを選択されるケースが多いようです。

少し意外かもしれませんが、一階建てのニーズはシニア世代だけには限りません現代の家族の在り方は核家族化、しかも世帯人数はどんどん減少しています。それにより大きな家よりも、コンパクトな身の丈サイズの住宅が、求められているということです。

例えば、シニア世代の方はなぜ郊外の戸建てからマンション、あるいは一階建ての住宅に住みかえるのでしょうか。それは、郊外の家が大きすぎて手に余るからです。子供が巣立ってしまった住宅というのは、部屋が余ってしまい掃除するだけでも大変なのです。

若い世代も、一階建てに居住することで、住宅にかかる費用を低減し、余ったお金で趣味や教育といった費用を充実させるということもアリと考える傾向が出てきています。

平屋住宅建築費用を値引き可能か?

注文住宅及び建売住宅の坪単価に係る相場と面積について

値引きを依頼して素直に値引きする業者はいないでしょうね。値引きを依頼するには材料が必要です。値引きの一番の材料になるのが、他社の出した見積書です。

「他社は〇〇万円で対応可能って見積書に書いてあります」

これは、値引きを依頼するうえでかなり強い武器になるでしょうね。相見積もりは業者間の比較をする材料だけではなく、時には値引きの材料として力を発揮してくれます。値引きする、しないは別にして見積もりは非常に重要ですので必ずもらいましょうね!

値引きは不可だけど….

特に大手のハウスメーカーは値引き不可という業者もあります。ただ、そのような業者はクオカード、旅行券で還元してくれたりします。それはそれで嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加