家を建て替えする場合の建築費用と相場

どんなに丈夫な家でも長年そこに住んで生活をすれば、経年劣化によりどんどん家が古くなります。その時に家の建て替えかリフォームかの選択を迫られるわけです。

この記事では家の建て替え費用の相場などお金の話を中心にしていきます。

家の建て替え建築費用と相場は?

家の建て替えは既に土地がある分、総額費用がだいぶ抑えられます。都心に行けば行くほど土地代金は上がりますので、だいぶ軽減されるでしょう。

となると、考えるべき費用は家本体に発生する費用、建築費用です。

家の建て替えの建築費用は新築で家を建てる費用と殆ど変わりません。建築費用の相場としては2,500万円~3,500万前後でしょうね。

ただ、皆さんご存知の通り建築費用は

  • どの業者に依頼するか
  • どんな間取りにするのか
  • 設備のグレードはどうすべきか
  • デザインはどうするか

など、あなたの希望やこだわりによって大きく変動するのです。つまり、あなたの要望を業者に伝えた上で、見積もりをもらう事で、より正確な建築費用が見えてきます。

>>建て替えの見積もりをしてみる
>>少しでも予算を抑えたい方

家の建て替えか、リフォームか

長年生活していると、徐々に家は老朽化してくるものです。古い建物は耐震性も重視されていないものも多いので心配ですよね。これから起こると予想されている首都圏直下型地震やその他の大地震により、倒壊の恐れがあるものもあります。

家が古くなった時に、建て替えかリフォームかで悩む方が多いです。建て替えるべきか、リフォームすべきかはあなた自身で判断するものですが、以下の事をしっかり考えて選択しましょう。

リフォームは元の家の土台を活用する

リフォームは、家の土台を活用することになるので内装工事や外構工事がメインになります。家を壊す作業(解体作業)が必要なかったりと、建て替えよりも比較的費用が抑えられます

また、家を一から建てるよりも短い期間で作業が完了します。家づくり最中の宿代を考えると費用を抑えられそうですね。

ただ、先述した通り、古い建物は耐久性にが重視されていないことが多いのです。強い地震で崩壊してしまうというリスクをしっかり考えて検討しましょう!

建て替え=土台から新築

家の建て替えというと、当然新築となるのですが、住んでいる所と違う場所に家を建てるわけではないので、当然ですが土地代や引っ越し費が不要です。

リフォームをしても、新築と比較した場合、強度や真新しさなどさまざまな面で劣ってしまいますし、結局は数十年後に建替えをしなければならなくなることもあります。建替えをしてしまえば、今の住宅は何もしなければ100年も十分に住めるといわれています。

リフォームした場合のリスク、耐久性の面でも心配がなくなります。土台からしっかり作り直せますからね!

リフォームの方が割高になるケースも

建替えをするとお金がかかると思い、リフォームを選択する方も多くいます。老朽化の度合いでリフォームの方がいい場合もありますしかし、リフォームでも建替え以上に金額がかかる場合もあります。

リフォームと建替えのどちらにするかは、見積もりを取ってから考えるのがおすすめです。

>>建て替えの見積もりをしてみる

建て替え費用をできる限り安くするコツ

建て替えはリフォームよりお金がかかることは何となくわかりますよね?だからと言ってリフォームに逃げたくない、できる限り建て替え費用を抑えたいという方のために建て替えでのトータル的な費用をコストダウンするための方法をいくつかご紹介します。

狭い敷地を有効利用する三階建ての坪単価

事前の情報収集がコストダウン

費用を少しでもコストダウンしたいのなら事前にしっかりと情報収集をしておくことが大切ですから、時間を惜しまずに情報を集めておきましょう。

インターネットで調べればいろいろなハウスメーカーや建設会社、工務店のホームページが出てきますから、いろいろな業者のサイトを見て参考にしましょう。過去に工事した実例などを写真付きで公開しているような業者も多いので、そういった情報からイメージを膨らませるといいでしょう。

頭金をできるだけ用意しよう

頭金が多いほど住宅ローンの金利は安くなる傾向にありますから、トータルで考えると頭金をできるだけ入れたほうがお得になります。頭金なしでも住宅ローンを組むことができますし、
それをアピールしているような金融機関もありますが、正直あまりおススメできません。

相見積もりを10社以上から

相見積もりの重要性を紹介した記事をご覧ください。(相見積もりの重要性

ご覧いただくとわかりますが、建て替え費用を抑えるあなたの理想の家を建ててくれる業者を探すうえで相見積もりは重要です。というか、必須です。

最初に建て替えを相談したハウスメーカーの担当者がとても親切だったのでそこでお願いすることに決めた、という方は実際多いです。確かに、担当の営業マンとの相性は重要なポイントではあるものの、決め手とはなりません

家建てる時の注意点とポイント

一つの会社にしか話を聞いていないような状態だと何が本当に正しいのか分かりませんし、仮に相場より高い金額を提示されていたとしてもそれにすら気づかないでしょう。業者によってプランやアイデアも変わってきますから、最低でも10社以上に相談するということがポイントです。

建て替え業者選びの注意点

住宅の建て替え工事を依頼する業者選びの注意点をご紹介します。

一戸建ての土地探しについて

実績とノウハウが豊富な会社を探そう

建て替え工事を依頼する業者選びはもっとも悩んでしまう部分だと思いますし、業者を選ぶにあたってはいろいろな注意点があります。

新聞の折り込み広告に入っていた業者にいきなり建て替え工事を依頼してしまったり、ネット上の評判だけを頼りに依頼しようとしてしまう方もおられるかもしれませんが、もっとも大切なのは実績とノウハウが豊富な会社に依頼するということが大事です。

見積もり説明がしっかりしている

住宅の建て替え工事などの見積書は素人がパッと見ただけでは何のことだか分からない場合がたくさんあります。たくさんの専門用語が使われていますし、何となく材料名だということが分かったとしてもそれが何の目的で使われるのか、どうしてこんなにたくさん必要なのか分からないのが普通でしょう。

業者によって対応がまちまちですが、やはりこちらからの質問に対して誠意を持って答えてくれる担当者のいる会社のほうが安心して工事を任せることができます。

質問しても納得いく答えが返ってこなかったり、話をはぐらかそうとするような営業マンだと少し不安になってしまいますよね。見積書の内容をきちんと丁寧に説明してくれる業者なら安心だと言えるでしょう。

工期が長くない会社に依頼する

建て替え工事ということは当然今まで住んでいた家をまずは解体することから始まります。家を解体しないことにはそこに新しく建物を建てることはできませんし、そうなると当然住む場所がなくなってしまいますよね。

そこで、建て替え工事の場合は新居が完成するまで仮住まいと呼ばれるアパートやマンションを賃貸で借りることが一般的です。親戚などの家に住まわせてもらうという方法もありますが、お子さんなどがいる場合は現実的に賃貸アパートやマンションを借りることになるでしょう。

賃貸物件を借りるとなると当然毎月の家賃が必要となってきますから、工事の期間が長引けば長引くほど家賃もたくさんかかってしまいます。借りたマンションが駅から遠いとなると生活リズムも変わってくるでしょうし交通費なども今まで以上にかかってくるでしょう。せっかくお値打ちな工事をしてもらってもこれだとあまり意味がありませんよね。

契約を急かす業者はNG

建て替えの工事業者を選ぶときの注意点ですが、契約を急がせるような会社はあまりおススメできません。見積りをしたばかりで家族と検討もしていないのに契約を迫ったり、今日中に契約してくれたら大幅に値引きしますと言ってくるような業者はあまりおススメとは言えないでしょう。

どうしてそこまで契約を急いでいるのかを考えると分かると思いますが、このような会社はあまり経営状況が良くないのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加