家を建てる時には諸費用も考えよう

家を建てるときに諸費用はどれくらいかかるのか。

家を建てる時には諸費用も考えよう

その中でまず忘れてはいけないのが税金です。
家を建てる資金を考えている時のなかでも、見落としてはいけない大事なものです。

家を建てるときにかかるお金、これをイニシャルコストといいます。
それと、建ててからずっとかかるお金のランニングコストの二つに分かれます。
建てる時に建物の値段だけでローンを組んでしまいますと
後でかなりの金額が必要になってしまい、大変になってしまう場合がおおくなります。

まず4つ。
建てる時には大きな金額を確認する項目があります。

1つ目は税金、登記費用です。
2つ目はローンを借りる場合のローン借り入れの費用
3つ目に引越し等の諸経費
そして4つ目には家を買ってからのインテリア、カーテンを含めたその諸費用です。
この4つが必要になります。

まず1つ目の税金や登記費用です。

これはまず、必ず印紙税というものがかかります。
売買契約書を交わしますので、その建物の値段が500万円以下でしたら2000円ですみますが、
一般的には500万円から1000万円なので、印紙税は10000円。
家の価格は1000万円から5000万円に集中して多いです。この場合15000円かかります。
物件価格が4000万円とした場合、印紙税は15000円かかるという事です。

そして登録免許税がかかります。
この登録免許税には建物の保存登記と土地の移転登記があります。これには95000円かかります。

それから3つ目に不動産取得税
場合によっては軽減処置等があり、その場合は実質的に非課税になるので0円ですが、
軽減されなければ基本的にはかかります。

それから登記手数料。これは保存登記、所有権移転登記にかかわるお金です。
司法書士さんに支払いするお金で50000円必要になります。
これらをざっと計算しますと、4000万円ぐらいの物件の場合、税金、登記費用が16万円かかります。

そしてローン借り入れ費用です。

たとえば3000万円のローンを組んだ場合、
金銭消費貸借契約書に貼り付ける印紙代金として2万円かかります。
そして抵当権設定登記をしなければいけないため、登録免許税が3万円。
さらに、抵当権設定登記に関する司法書士さんに対する報酬として
登記手数料が6万円かかるなど、かなりのお金が必要になります。
それから融資手数料。これは金融機関によって多少異なりますがおおざっぱに3万円と少しかかります。

次に火災保険30年分の保険金額。
たとえば1500万円分の保険をかけるとすると、保険料は25万円かかります。
そして地震保険です。これは、最近かける方が多くなってきています。
火災保険と共同になりますが、火災保険をかけないと地震保険はつきません。
たとえば5年分で保険金額が750万円としたら、保険料は5万円かかります。
あとは団体信用保険の保証料です。基本的には民間の金融機関ですと57万4千円かかります。

トータルすると、ローン借り入れ費用が102万円かかります。
これらの諸費用が必要になりますので、分からない方は物件の5パーセントは見ておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加