家を建てる建築費用【土地がある場合の注意点】

マイホームを建てる事になったら、土地を所有していない人はまず土地探しから始まります。

これって結構手間も時間もかかって大変なんですよね。
ですが、中には既に土地を所有していたり土地を相続しているなんて人もいます。

今回の記事ではそんな土地を既に所有していて、注文住宅を建てたいと考えている方に向けた家づくりの進め方を紹介致します!

注文住宅の進め方がいまいち分からない方、費用などある程度の知識をつけておきたい方必見の内容となっております!

土地ありの場合の注文住宅について

土地代というのは結構バカにならない金額ですよね。
特に都心なんかは目が飛び出る額の土地がほとんど、、。

土地を既に所有しているということは、もちろんその分のお金が浮くことになりますよね。注文住宅は、自分の好きに家を建築する事が出来るので理想を言えばいうほどお金もかかってきます。

土地代が浮くということは、総金額も土地が無い人に比べ断然安くなるでしょう。

平屋の相場や魅力について

住宅設備等住宅そのものに費用をかけれる

注文住宅は自分の理想に近づければ近づけるほど高額になってくるため、どのくらい自分の理想に近づけるかは、お財布と相談になりますね。ですが、土地を既に所有しているのであれば浮いたお金を住宅の建築費用にお金を掛けることができます。

土地代は安くても何百万の世界ですから、その分の住宅に贅沢ができちゃうわけです♪

土地があることをしっかり業者に伝えれば、土地代金無しの見積りや資金計画書を作成してくれます。自分がどんな家を建てたいかで建築費用は大きく変わります。見積りや資金計画書はきちんと確認しておきましょう。

どこの業者で見積りを出してもらえばいいか、悩んでいるという方にはこちらの一括提案サイトがお勧めです。

>>土地ありの場合の業者選び

理想の家をできる限り安く建てる方法

この一括提案サイトはダーウィンシステム株式会社が運営しているポータルサイトなのですが、その中のタウンライフ家づくりといったサイトがとても便利なんです。

どんなサイトかというと、簡単入力をするだけで一括見積り請求ができるのです。
もちろん記入の所には備考欄がきちんとあり、そこに土地ありと記入すれば土地がある人の見積りも出す事が可能です。複数の業者の見積りを比較できるので、あなたの理想の家を建ててくれる業者をゆっくり吟味できます。

やはりマイホームはそう何回も建てれるものでもありませんし、気に入らないからまた建て直すーなんて事はありえないでしょう。もし、建てた後になにか不満が出てきてもまた大金をかけてリフォームするか、我慢して生活するしかありません。

そうならないためにも自分の家を建てるにあたっての業者選びはとっても大事。
自分が信頼できる業者を見つけたいなら何社も比較することが望ましいです。

ちなみにこちらのタウンライフ家づくりではハウスメーカーや工務店合わせ600社も登録しており、しかも全て無料で対応してくれるので利用者の数もとても多いんだとか。

土地代が浮くので比較的希望に沿った家を建てれる

何度も言いますが土地代が浮けばその分設備にまわすことができます。

ちなみにある不動産会社が行った調査では東京23区の中でも高級住宅街が立ち並ぶ港区では100㎡の土地相場16,064万円だとか、、100㎡となると学校の教室くらいの大きさと考えると満足できる広さの土地を購入するにはとんでもない額になりませすね。

やはり土地代が浮くということは比較的希望に沿った家を建てることができるということですね。

土地の規模や間取りは人によって希望は違います。
なので、実際どのくらいの金額が掛かるかはピンキリとなってきますね。

しっかり見積りを比較しハウスメーカーや工務店と相談しながら進めていくことが大切です。

土地があっても堅実にローコスト住宅もあり

もちろん、土地代が浮いたからといって必ずしも家の設備を豪華にする必要がない場合もあります。どこに投資するかは人それぞれですからね。

特に最近ではローコスト住宅といったものも増えてきているのはご存知でしたか?安い場合なんかは住宅費用だけで1000万円程度から購入することも可能なのです。

誰しもが家だけにお金を費やすわけではありませんから、浮いたお金を子どもの養育費にまわしたり、要介護の両親がいれば施設などにお金を使いたい場合なんかもあります。

あえてローコスト住宅を購入し浮いたお金を他にまわすことができるのも土地ありならではの方法ですね。

土地ありの家づくりの進め方

それではここからは土地がある人の家づくりの進め方についてお話しします。

土地があるかないかといっても、土地がない人でも土地購入後からの流れは土地がある人ともほとんど同じになるので、土地をまだ所有していない人でも参考になるでしょう。

まず、建てたい家をイメージすることが大切です。
途中で気持ちがブレないようにどんな家にしたいかイメージします。

立地は既に決まっている状態なので後は、間取りや自然災害に強い家にするか、断熱素材を使うのかなど家族でよく話合うことも大切です。

宮城県の新築一戸建ての価格

土地ありの場合の家づくりの大まかな流れをまとめました。

  1. マイホームのイメージを固める
  2. 一括見積サービスを利用し見積りを依頼
  3. 10社以上の資金や計画書を比較する
  4. 実際の物件の内覧にいく
  5. 業者を決める

こうまとめると分かりやすいですね。

特に2番の一括見積サービスは家づくりをするときの鍵といっても過言ではないので是非利用しましょう。先程も紹介したタウンライフ家づくりなど、一括サイトで色んな業者を見ることがとても大切です!

狭い敷地を有効利用する三階建ての坪単価

そして、5番目の実際に業者を選ぶことはとても大事なこと。

建築会社の情報をできるだけ沢山調べることもとても大切です。大手だから良い、地元だから安心など、それだけで判断するのではなく実際に内覧などにいきイメージをふくらませ、その建築会社の強みなどをよく確認しましょう。

具体的なイメージがふくらむと新たな発見があるかもしれません。

時間がないという方は…

中にはもちろん内覧などに行く時間もなけれは実際にハウスメーカーや工務店に話を聞きに行くことさえ時間がとれない人もいるでしょう。

時間がない人に沢山の業者を比較した方が良いなんていっても負担になってしまうだけです。

そんな方にも安心してお勧めできるのが一括比較サイトです。1度の個人情報やプランを簡単に入力するだけでいくつもの業者と比較できるので自分の基準に合った業者を選ぶことが簡単にできます。

そして、自分の中でいくつか業者の候補が決まったら、住宅プランの見積を取ります。同じような間取りで申込みどのくらい費用がかかるか比較しすることができますね。

そして無事業者が決定したのちに地盤調査などを行います。これは土地がある方は既に行っているという人が多いでしょう。

もし調査の結果、適さない土地と判断されてしまった場合は地盤改良として補強などが必要になってきます。地盤改良にもだいたい100万円ほどかかってしまいます。

その後はプランの打ち合わせを何度にもわたりしていき、本格的に最終見積りを取ります。
ここで予算どおり見積りが上がってきたら問題なく本契約になります。

土地があったとしても、家を建てることは何千万といった大きな買い物です。ほとんどの人が住宅ローンを組むことになるでしょう。一括で払える余裕がある人でも最近は金利の低さからあえてローンを組む人も多くなっています。

そして最後に土地がある人が気を付けておいてほしいことは土地の名義の問題です。

自分名義ではなく親名義の土地に家を建てる人もいるでしょう。敷地を借りて家を建てたとしても、親が亡くなったときに相続権の問題が発生してしまうからです。

相続関係でうちはもめないから大丈夫だよとは思わずに、少しでもリスクを減らすために親とはいえどきちんとお金を支払い、土地を自分名義にしておきましょう。

また、兄弟や親せきなどとももめることが無いように、きちんと話し合いをすることもとても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加