2000万円台で注文住宅を建てる方法、間取り、ハウスメーカーの選び方

以前に1500万で家を建てるポイントをご紹介しましたが割と好評でした。今回は少し予算を上げて2000万円(台)で家を建てる為の方法や業者の選び方を中心に紹介します。

2000万円台で理想の注文住宅を建てるために大切なこと

2000万円で注文住宅が建つの?

結論、建てることができます。2000万円台はミドルクラスの予算だと言えるでしょう。そのため、デザインから決められることが多いです。

せっかく建てるならオリジナルな家を、とお考えの方も多いと思います。2000万円台でもオリジナルの家を建てたという方も実際にいますし、それが可能なのかは業者やハウスメーカーによって左右されます。つまり、業者がクソだと後悔するという事ですね。

2000万という予算の中で、最高の家を手に入れる為には、必ず一括見積をしましょう。

理想の家を安く建てる方法でも紹介していますが、タウンライフ家づくりは非常に優秀なサービスです。通常の一括見積サービスは見積もりが送られてくるだけですよね?タウンライフは頭一つ抜けたサービスを提供しています。

  • 見積もり
  • 資金計画
  • 間取りプラン
  • 土地探し

資金計画、間取りプラン、土地探しが無料で受けれるんです。比較材料が多い為、比較しがいがありますね。備考に予算を記載すればその予算内でプランを組んでくれます

2000万円でも家を建てれることはわかったと思いますが、肝心なのは業者選びです。先述の通り2000万という予算の中で最適な家を建てる為に欠かせないのがタウンライフという事ですね。

建築費用2000万円台は一つの基準

ここ最近はローコスト住宅1000万円台の家が登場するなど、低コストの家が流行っています。建築費用が安ければ20代でも家を買うことができるので、ここ最近では20代の一戸建て購入比率も上がっているそうですよ!

建築費用2000万円台の家も一つの基準になっていますね。日本の建築費用の相場は3000万円前後ですので、相場よりも安い金額となります。3000万円台の家となると正社員でそこそこの企業で働いていて年収500~600万円は必要となるでしょうね。

2000万円で注文住宅を建てるのにおすすめの方法教えます!

2000万円台となると、年収は平均的だけど家が欲しいと考えている方にとってねらい目の価格です。最近ではこのねらい目の家を、建てている方も多いのです。

2000万の家の間取りって?

2000万でも、家族だけのコンパクトな住まいから二世帯住宅まで様々なバリエーションの間取りが可能です。

注文住宅の建物価格で、一番考えている人が多い価格帯が2000万円台。そのため、各メーカーもいろいろな建築プランを持っています。2000万円だすと2階建て+納戸といった収納力たっぷりの間取りも実現できます。

子供が見えるコンパクトな間取り

例えば1階にリビングダイニング、そこにカウンターキッチンを設置すれば、カウンター越しに子供が遊んだり勉強したりする姿をみることができます。玄関はベビーカーを無理なく広げることのできる幅広スペースにしたいですね。1階をリビングダイニングと客間にし、二階を子供部屋と寝室に分ければ、1階の収納もたっぷりと取ることができます。

特に子供がいたら、季節外れの洋服や学用品、節句人形など荷物が膨大になってきます。階下や廊下、そして2階の上部分にも納戸を置くことで、収納スペースを存分に確保できます。

子供部屋の建築コストをお手軽にするポイントとしては、ドアだけ子供の人数分つけておいて、将来的には子ども部屋を仕切れるようにしておき、家を建てる段階ではワンフロアにしておくことです。そうすることで、将来的に子供が望めばリフォームしますし、そうでなければ家具やパーテーションで仕切ることもできるからです。

2階の部屋の両サイドにもウォークインクローゼットのような収納を用意することで、あふれがちなお洋服などをたくさんしまうことができますよ。子育て世代はやはり収納力が肝になりますね。

二世帯住宅だって可能

二世帯住宅を建てる場合、上下同じ部屋の形、さらには水回りも同じところに配置することでお手頃な値段で二世帯住宅を建設することができます。2000万円台、また予算を増やして2500万円程度を出したら、コンパクトな住宅でしたら独立型の二世帯住宅も建てられます。

独立型の二世帯住宅は、上下の階に二世帯が住むよりも騒音などの悩みやトラブルが少ないので、ストレスなく暮らすことができます。上下に分けるよりは土地の面積が必要となりますが、親世帯と子世帯を同じようなつくりにして、玄関を共用することでスペースを省略できます。

それぞれの世帯に1階リビングダイニングキッチンと水回り、二階に子供部屋と寝室というノーマルな間取りがおすすめです。1階に水回り設備を集約することで建設の価格を抑えられます。

二世帯住宅は、一軒家の予算を多少増やすことで二つの家族で暮らすことができるので費用の節約になるほか、高齢化社会の中で親の介護の視点からも支持されている家の建て方です。

>>完全分離型二世帯住宅の価格(建築費用)や注意点

空間をうまく使えば広い間取りも可能

2000万円台で注文住宅を建設するとなると、コンパクトな間取りの住宅が多いことでしょう。
しかしながら、工夫をすることによって40坪程度の間取りで注文住宅を建てることができます。

玄関は明るく広めにとり、一階は広いリビングダイニングとキッチンを実現します。家族が集まるリビングは明るくコーディネートしています。そしてリビングにパソコンができるエリアを設けることによって、書斎を設けるよりもコンパクトに間取りをとることができ費用も削減できます。

キッチンに立つと一階のフロアを一望できるデザインの間取りを実現すると、家族間のコミュニケーションも深まります。和室を作らないことによって広い部屋でもお手頃価格で実現できます。二階にも一階にも三畳程度の収納スペースを設けると、荷物が多い子育て世代でも問題なく広々と家を使うことができます。

3階建て住宅も可能

家を建てる為にかかる費用

狭い住宅地をうまく活用して広々と暮らすのであれば、2000万円台を出すと3階建て住宅も夢ではありません。1階にはガレージと寝室、そして各階にその部屋に見合った収納をもうけることで、各部屋がコンパクトになっても十分広々と暮らすことができます。30坪程度の土地で家族の人数が多くても暮らすことができます。

各階をフラットなつくりにして3階までを一直線の壁にすることで屋根の面積や勾配を最小限にし、使う材料も少なくて済むよう工夫しています。2階がリビングダイニング、キッチンになっており、水回りを二階に集中させることでコンパクトなお値段を実現しています。

工夫することによって、2000万円でも狭い土地でも家族が仲良く広々と暮らすことができる住宅を実現することができます。比較的安価な住宅を提供するメーカーですと、このような住宅の建設も可能です。

住宅メーカー?工務店?どこで作ってもらう?

1000万円で注文住宅を建てるのであれば、ローコスト住宅をイメージしてしまいます。

しかし2000万円台の予算であれば、30坪程度の2階建て住宅の場合、
大手住宅メーカーでも十分建設可能です。

そして、ローコスト住宅メーカーであれば、2000万円台の予算があるなら
オプションを付けるなど自分のオリジナリティーを出すことができます。
そのため、注文住宅を好きなように建てたい人にも向いています。

地元の工務店などでは2000万円台の注文住宅はミドルクラスとして一般的です。
地元の工務店でしたら、無垢材など素材にこだわることもできますし、
自分で考えてオリジナリティーの高いものを作るなど、自分の意見を言うこともできます。

デザインにこだわる人は、設計事務所で設計してもらうという方法もあります。

このように、予算面でいえば2000万円で注文住宅を建てるのであれば
どこの住宅業者で建てるかという選択肢はたくさんあります。
数々の展示場やインターネットでの口コミなどを見て考えてみると良いですね。

大手住宅メーカー、ローコスト住宅メーカー、
そして地元の工務店や設計事務所は、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

自分の叶えたい希望や優先順位をしっかり定めておき
各メーカーや設計事務所などの一つ一つのメリットやデメリットをしっかりと理解したうえで
どこで建てるべきかを決定するのをおすすめします。

材質や設備を選ぶときに見るべきこと

注文住宅を2000万円台で建てるのであれば、
材質や設備についても自分で選択できる部分が多くなります。
ローコスト住宅メーカーや、比較的お手頃価格で注文住宅を建てることのできる
メーカーや工務店ならなおさらです。

無垢な自然素材を使った木造住宅や、収納が充実した住宅、
和テイストの住宅など構造から選ぶことができます。
省エネやエコに良い住宅を作って、長期優良住宅として認定されると、
その不動産の価値も上がります。

比較的お手頃価格の住宅メーカーの注文住宅ですと、
2000万円台で完全自由設計の注文住宅を建築することもできます。
広いリビングダイニングや、子どもの人数にあわせた個室、
使いやすいアイランド型キッチンなども可能になってきます。

自由設計の住宅を建築する場合は、なるべくたくさんの住宅建築事例を見て
自分がどのような暮らしをしたいかを考えることが必要です。
特に水回りの設備などは使い勝手がよいものを選ぶことで住宅にも愛着がわきます。

住宅メーカーや工務店を選ぶ前に、ある程度は作りたい家のイメージを描いておくと、
最終的にどの会社にするのか選びやすくなります。

2000万円台というと確かにミドルクラスの住宅建築が可能な値段ではあるのですが、
つけたい設備を全部つけられるほどの金額でもありません。
そのため、まずは優先する設備を考えるのが先決です。

どこにこだわりたいかをはっきりさせておく

注文住宅を2000万円台で建築しようとしている場合、
さまざまなオプションを思うがままにつけていると、
値段が跳ね上がり、2000万円台を大きく超えてしまいます。

一方で、注文住宅だからこそ建売にはないオリジナリティーが魅力です。
こだわりの家にすることで愛着がわきますし、長く住み続けることができるでしょう。

どこをこだわりにするかは、その人によって違います。
結露に悩まされないために、樹脂サッシや複層ガラスにしたいと思っていたり、
広いお風呂が良いので浴室をグレードアップしたい、
作り置き料理をするのでパントリーを充実させたい、
はたまた共働きで忙しいので浴室乾燥機はほしい、などといったことです。

そのようなこだわりは、
できれば注文住宅を作るメーカーや工務店を決める前に明らかにしておきましょう。

そして、その会社の標準仕様をしっかりと確認しておき、
グレードアップしたいときの差額を押さえておき、
事前に伝えておくのが、予算をしっかり守る賢い方法です。

土地についても事前に土地の地盤改良工事が必要になると、
建設の工期が延長されてしまうのでお金が余分にかかってしまいます。

できれば購入する前にしっかりと調査をして追加の工事が必要のない、
そして自分のデザインしたい形のものが作れるような土地選びをするなど、
住宅メーカーを決める前に抑えるべきところは抑えておくのがおすすめです。

細かなところまで忘れずに検討を

注文住宅は、自分で考えて住宅を作ることができますが、
全くのゼロから注文住宅を建てるというメーカーは多くはありません。

たいてい、標準仕様があり、それから自分のオリジナリティーやこだわりを実現するために
追加するオプションを選ぶことができます。

その時に、耐久性ばかりを重要視するのはおすすめできません。
せっかくの家づくりだからこそ、自分のしたい装備を選びましょう。

キッチンの設備一つをとっても、
標準仕様よりもグレードの高いものを使用すると耐久性がアップすると言われています。

しかし、20年や30年たつと、その家族のライフスタイルも変わってきたり、
家全体をリフォームしなければならなくなります。

そのため、自分やその家族の行いたい暮らしをある程度実現できるものであれば、
今快適に暮らせる設備を取り入れたほうが理想の家に近づくのです。

とはいえ、新築で注文住宅を作るときにはいくつか考えなければならないことがあります。

見落としがちなのは、コンセントの位置です。
人々のライフスタイルが多様化したため、電化製品を使う確率も上がってきます。
一般的にコンセントを追加で注文すると費用が掛かりますので
事前に考えておいたほうが良いです。

照明についても同じことが言えます。
きちんとショールームで確認してから作らないと、いざ家に入った時に明るさなどで不満を抱いてしまいます。

照明、コンセント、排水設備、外構についても細かなことですが考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加