狭小住宅におすすめの開放的な間取り例

狭小住宅というと狭いイメージがありますが
間取りを工夫することで広々と家族で住むことができます。

狭くない!?狭小住宅におすすめのひろびろ開放的な間取り例

狭小住宅におすすめの2階建て間取り

狭小住宅でも広々と子どもを育てたい!

そういった場合は、リビングダイニングとキッチン、
そして子ども部屋を2階に持ってくることで、
2階で家族が一緒になれるので、おすすめです。
リビングダイニングとキッチン、そしてバスルームなどをワンフロアに持ってくることで、
家族の距離感が近くなります。

1階には、両親の寝室と洋室を一つ客間としてとっておくこともできます。
そうすると、将来どちらかの親を引き取りたいというときや、
子どもが予定外に人数が増えてしまった場合も向いています。

狭小住宅とはいえ、リビングダイニングとキッチンを一緒にすることで
部屋の狭さを感じずにすみます。リビングをコンパクトにしても、
見晴らしがよく家族がくつろげる間取りであると言えるでしょう。

一方で水回りを1か所に固めることにより、
設備工事の期間を短くすることもできる、おすすめの間取りです。

そのかわり子ども部屋を9畳くらいの1室にしています。狭いと感じるかもしれませんが、
ライフスタイルにおいて勉強などをリビングでしたり、
二段ベッドを活用するなどして子供部屋の狭さを克服することができます。

使うことができる面積が限られている狭小住宅においては、
どのようなライフスタイルを歩むかということが重要になってきます。
リビングダイニングとキッチン、子ども部屋をワンフロアにするのは
家族の触れ合いを大事にしたおすすめ間取りです。

狭い土地でも活用できる、憧れの三階建て

カーポートがある、家族が多い、でも狭小住宅のための土地しかないという場合は、
3階建てにすることでその欠点を克服できます。
1階はカーポートと客間、2階がリビングダイニングとキッチン、
3階が子供部屋2室と親の寝室という場合です。

キッチンやバス、トイレやユーティリティをすべて一か所にまとめることで、
お手頃にそして工期を短く終わらせることができます。

特に、1階がカーポートですので自家用車を持っていても
駐車場を気にすることがありません。
各階にコンパクトな部屋をとっていますので収納も十分各階にスペースをとることができ、
個室重視派の家族でも快適に過ごすことができます。

3階建ての狭小住宅ですと、リビングダイニングとキッチン、
ユーティリティと水回りだけでワンフロア使うことができますので、
広々としたリビングダイニングを可能にしてくれます。

キッチンもリビングダイニングと区切ることができますので、
来客の時にもふさわしい間取りになっています。

家族でのくつろぎの空間を2階、各人の部屋を3階といったように
目的別にフロアを分けることで狭さを感じない、
3階建て住宅としてはオーソドックスな間取りとなります。

子ども部屋2室に対し、両親の寝室が1室、
これが3階のフロアですので、両親の寝室がゆったりしているのが特徴です。
場合によってはウォークインクローゼットなどを置けます。

ダイニングキッチンを中心とした狭くても可能な間取り

とても面積の狭い狭小住宅の中でも、広々と過ごしたい、
そのような場合は家族が集うダイニングキッチンを
広くとるといったケースが考えられます。

2階を丸ごとダイニングキッチンにして天井の高さを高くすることで空間を広く見せられます。
キッチン場をロフトにして寝室にすることで、二階と三階が続きのフロアになっているような、
そんな開放感を感じさせることができます。

ロフトからは2階3階の窓がそれぞれ見下ろせますのですごく明るいスペースになっています。
1階を車庫にすると、夫婦二人家族にぴったりな狭小住宅になりますし、
1階を寝室にして2階のロフトを子供のスペースにすると、子育て世帯でも対応できる狭小住宅になります。

ダイニングキッチンは、はやりのアイランド型キッチンにすることで、
料理好きの奥様も満足しますし、家族そろっての食事や料理作りがまた一段と楽しい時間になります。
壁の色を白を基調にすると、より広く開放的に見えるという効果があります。
このような間取りですと、25平米以下のスペースでも広々と暮らしていけます。

もし1階の部屋をなくしすべて車庫にするのであれば、2台車を駐車することも可能です。
一戸建てでありながらもマンションのような機能性を重視した、
どちらの良いところも兼ね備えた画期的な間取りです。
デザイナーズマンションのように感じることでしょう。

細長い立地にも対応した狭小二世帯住宅

狭小住宅なかでも、細長い立地はとても使いづらく、窮屈に感じてしまうことが少なくありません。
しかしながら、工夫をすることで、狭い面積でありながらも家族みんなで暮らすことができる間取りが可能です。
奥行きのある間取りでは、ドアを2か所に設置することで、便利に出入りできるようになります。

まず、1階を玄関から土間空間と客室にも、おじいちゃんおばあちゃんにも使える個室にします。
2階はリビングダイニングとキッチンにして、3階を寝室と子ども部屋にします。
水回り、特にトイレをフロアの真ん中に設置することで、どちらの部屋からでも行きやすくしているのが特徴です。

奥行きのあるフロアは、一見は行ってみると狭いのですが、
めいっぱい使い切ることで、理想の間取りを可能にしてくれます。
1階を土間と和室にし、簡易的な水回りを付けることで
狭小住宅でありながらも二世帯で住むことを可能にしてくれます。

二世帯住宅というと、広い面積が必要、高いお金が必要といったイメージがあります。
ですが、狭小住宅であっても居住フロアを分けてしまうことによって、二世帯で住むことが可能になります。
そのため、土地が狭いからと言って二世帯住宅の建築をあきらめることはありません。
特に、鉄筋コンクリート造にすると丈夫でこの先長く住めますし、各世帯の騒音を気にすることもありません。

狭さを感じずに収納を感じる家とは?

狭さを感じずに過ごすことができる間取りのポイントとしては、
「窓が広いこと」「収納があること」があげられます。
特に、狭小住宅ですと縦に長くするので、階段があることが特徴です。

2階建ての狭小住宅でありながら広く見えるポイントは、リビングダイニングの窓が広いこと、
1階から半地下になっていてそこに収納がある設定です。

狭小住宅は、縦に伸びるパターンが多いのですが、何も3階建てにするだけではありません。
日照権の問題などで、三階を建設することができない狭小地もあります。
そのようなときには、家族がいると何かと集まりがちな雑多なものを
しまうことができる納戸が半地下にあると、それだけで家の中をすっきりと見せることができます。

さらに、1階をリビングダイニング、2階を子ども部屋と寝室としながらも、
2階を上がったところにルーフバルコニーを設置するという方法もあります。
1階にリビングダイニングキッチン、2階に寝室と子ども部屋というオーソドックスな間取りですと、
土地の面積によってはそれぞれの部屋が狭くなってしまうかもしれません。

例えば、2階の上にルーフバルコニーを設置することによって、
子どもの遊ぶスペースやベランダをとることができない狭小住宅において洗濯物を干すスペースを確保できます。
狭小住宅においては、バルコニーがないことがほとんどですので、洗濯などについても考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加