新築一戸建て住宅の相場価格で比べる際の注意点

新築一戸建ての価格で比較する

家づくりをするにあたり条件は人それぞれ。
家を建てるとなるとどうしても譲れない部分と
渋々我慢せざる得ないことなどでてくるでしょう。

本当はあの設備もつけたいけど、、お金かかるから我慢かな、、
などやはり1番ネックな問題は新築戸建ての建築費問題ですよね。

一定の条件はあるものの、業者を選ぶ際も予算や建築費用を
比較基準の重点に置いている人が多いでしょう。

価格で比較して業者を決めること間違った方法ではありません。

何千万とかかる新築一戸建て。
選択ミスをしてしまいお金が払えなくなってしまうと
その後の人生を左右してしまいますので
複数の業者で価格比較をすることは非常に大切です。

注文住宅及び建売住宅の坪単価に係る相場と面積について

建築費用の比較については、こちらの
理想の注文住宅を安く建てる方法とは?でも
詳しく書いておりますがやはり一括見積サービスを利用することが便利です。

一括見積サイトは名前の通り一括で複数の業者から
見積りを出してもらうことが可能で、
同時に比較することができるとても便利なサイトです。

例えば”家 一括比較”とインターネットで検索をしてみると
色々な一括比較サイトが出てくるでしょう。
その中でも私がお勧めする一括比較サイトはタウンライフです。

お勧めする理由としてタウンライフは見積りの比較はもちろん、他にも

  • 間取りプランの比較
  • 土地の比較
  • 資金計画の比較

までも比較してくれるのでまさにいたり尽くせりです。

タウンライフに登録しているハウスメーカーや工務店は
なんと600社以上も登録しているので、
他社のサイトよりも自分に適した業者と出会う確率が高いでしょう。

家を建てる際の費用をしっかり知ろう!

家を建てるのであれば費用のことはよく知っておいた方が良いでしょう。

家づくり=建築費用だけでOKと勘違いしてしまっている人がよくいます。
家づくりというのは建築費用だけでなくそれ以外にも
かかってしまうお金が沢山あります。

費用のことをしっかりと理解したうえで家づくりを始めましょう!

土地費用や諸費用がかかる

まず、建築費用に次に1番ネックになるのが土地購入費用です。

すでに土地を所有している人には関係がありませんが、
この土地購入費用は結構な額になってしまいます。

それにプラスして建物そのものの建物金額です。
そこに設計費用も含まれていることが多く
それらを合わせた金額が総価格の概算
となるのです。

  • 土地と建物を同じ住宅会社で扱っている場合、その金額が提示されています。
  • よく広告などで分譲地を紹介している場合、その金額が提示されています。

実際はそこにオプションや外構費というものがさらにかかってきます。

オプションというのは注文住宅であれば、
その人の希望によって変わってくるので金額もピンキリです。

例えばサッシや建具を追加したりロフトをつけたりなんかしたら
オプション費としてかかってきます。

外構日もある程度の住宅会社の方から提案するプランがあって、
その通りにするか、なにか希望を追加するかによって変わります。

あまりパッとこない人は業者に一度見積りを
出してもらうといいでしょう。
詳しく詳細を教えてくれます。

ガスや水道の工事費

建てたばかりの家にはもちろんガスや水道は通っておらず、
ライフラインをつなげなければいけませんよね。
何もない土地に家を建てたのだから仕方ないことなのです。

ガスや水道をつなげるにはそれらの工事をしなければなりません。
なので、家を建てるときには水道負担金というもの
を支払わなければならないことがあります。

税金なども支払う必要がある

固定資産税といった言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
一軒家となるとその固定資産税を払うことになります。

また、登記をする必要があるのてその登記費用もかかってきます。

他には新築を建てると同時に火災保険などの
保険に入ることもあるでしょう。
そういった費用もかかってくるのです。

土地や建物代以外の目安は?

先程説明したように家を建てるというのは建築費用だけでなく、
土地や物価の価格に加えてオプション代、外構費、
その他諸費用などがかかってきます。

これは人により金額は様なので目安をお伝えすることは難しいですが、
水道分担金、各種保険、登記費用などを含めた
諸費用だけでも150万円ほどになるでしょう。

合計の費用、相場をしっかり把握しよう

マイホームを建てるとなると、まずはどのくらいの額なら
払っていけるかを考え自分たちのマイホームはいくらくらいの
資金が必要なのか
調べることはら始めます。

夢のマイホームを持つまではいくつかのステップを
クリア
していかなければならないことが多いです。

資金をマイホームを建てる何千万という額を
住宅ローンで借りるのか、頭金だけでも貯めてからにするかなどの
資金問題も乗り越えなければならないステップですが
その前に欲しいマイホームを見つけることが大切です。

マイホームは簡単に気に入るのが見つかれな問題ないのですが、
案外見つからずに結構手間がかかってしまう場合もあります。

なぜ中々見つけることが出来ないのか、
それは信頼できる不動産業者探しやホームメーカーが
上手く見つけられない場合におきてしまいます。

これがやはり重要であり、信頼出来る人と出会えることができたら
素敵な建売のマイホームを見つけてくれたり、
マイホームを建ててくれる手助けをしてくれます。

そしてマイホーム探しをする際に自分たちが考えている
住宅資金で無理なく支払っていけるのか、
その地域や住宅相場価格を参考にすることが大切なポイントになります。

この価格相場という言葉、良く聞きますよね。

価格相場とはその地域やエリアで同じような住宅を建てるときに
平均した住宅の価格
であることを意味しています。

新築一戸建てを建てたいときにはどれくらいの金額で
建てているのか知ることが大事ですし、価格相場を基準にして
高いか安いかを判断することもできるのでとても便利です。

価格相場は不動産に聞くこともできますし、
インターネットで調べれば簡単にでてくるでしょう。

ただし、その時の景気や経済で住宅の相場は変わってくるので
最新の情報であることかちゃんと確認しましょう。

良く比べ調べることでお得にマイホームが建てれるのです。

ですがこれはあくまでも参考にするデータなので、
新築一戸建ての場合はその建てる条件や環境で
大きく変わってきてしまいます。

おしゃれにデザイナーズ住宅や注文住宅では
そのぶんのコストがかなり掛かってきますし、
もし山の上に建てる場合には建材の運搬費や手間が掛かってくるので
マイホーム費用もそのぶん変わります。

なので、相場価格は同じ条件でなければあまり意味がないので
地域が同じなだけでまったく作りが違うのであれば
あまり参考にはなりません。

そして新築一戸建てを考えているのであれば
税金が上がる前に建てた方が有利ですからこれにも注意が必要です。

最近税金が10%にまで跳ね上がるといわれてますから、
そうなる前に建てた方が額がだいぶ違うでしょう。

お得にマイホームを建てるには、
相談と自分の目で近郊の住宅情報を収集する事も良いアイデアです。
その時に色々なタイプの住宅を見たり、
住宅展示場へ行って値段を比べたり
するのもいいですね。

マイホームをより良いものにするためには小さな作業も必要です。
色々なマイホーム見ていると値段の平均した金額がつかめてきたりします。
それを参考にするのも良い方法ですし、
多くのホームメーカーの話も聞くことができます。

どんどん住宅についての質問をして、
住宅の知識を持つ事もマイホームを建てる時に役に立ちます。

また、新築一戸建てには、税金の控除対象になっていますから
よく会計士や司法書士等の専門家の人に聞く事
です。

そこから嬉しい節税の事や地域の住宅事情の情報が、
聞ける時もあります。それによって、
夢のマイホームを建てる手助けになります。

これが、お得に素敵な生活空間のマイホームが、手に出来る秘訣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加