一戸建て住宅の販売価格に対抗するために

一戸建て住宅の販売価格に対抗するために

一戸建て住宅のメリット

長く住み続ける家だからこそ、こだわりは取り入れたい物ですが
高額な買い物になるだけに予算も気にしなければならないと言うジレンマに陥ります。

一戸建て住宅の最大の魅力は土地と家という資産を両方手に入れることができるので、
権利を残すことができる点です。

都心は不動産価格が高いので一戸建て住宅を購入する事は難しいですが、
郊外であれば一戸建て住宅に憧れる人も多いと思います。
自分の土地を所有していることで、プライベート空間を持つことができるのも
精神的な面で安心できる点です。

住宅選びの際は立地を考慮して

住宅を選ぶ際には、子育て世代であれば
通学や病院などの生活インフラも考慮して購入を検討する事が一般的ですが、
このような基盤が整った場所であれば将来に渡っても便利な場所と言えます。

年齢を重ねて体の自由が利かなくなったときのことも考えると、
近所で日常の用事を済ますことができる施設があるのは大きなメリットになるからです。

また生活インフラが整った場所は将来に渡って資産価値が下落するリスクも低いので、
資産を守ることができるのも魅力の一つです。

子育てや通勤の利便性を考えて住宅購入をする必要がありますが、
自分たちと同じような家族が近所にいるかどうかも選択肢に入れると良いでしょう。

一緒に学校に通うことができる友達がいれば、安心して送り出すことができるので
目に見えない安心や安全も考慮して住宅購入を検討してください。

住宅を購入する際に最も気になる販売価格

一戸建て住宅を購入する際に気を付けなければならないのは、
価格だけに気を取られないようにすることです。
安いと言う点だけで購入すると、後で大掛かりな改修工事が必要になるかもしれません。

年を取れば体の自由が利かなくなるので、バリアフリー設計になっている
階段の段差が辛くないなど将来のことも考えて選ぶことが大切です。
目先のお金に捉われていると、後で工事が必要になり結果的に高額になってしまうかもしれません。

しかも、体の自由が利かなくなったときには安定した収入が確保できていないかもしれません。
そのような局面で大掛かりな工事が必要になれば、支払に頭を抱えることになりかねないので
先のことも考えて住宅を購入する必要があります。

多少販売価格が高額だったとしても、一生快適に住み続けることを考えれば決して高い投資とは言い切れません。

家を買うための資金の準備

実際に納得した物件が見つかり契約をする際には、住宅ローンを組むことが一般的ですが
販売価格の2割から3割程度の頭金を用意しておくことが望ましいです。

販売会社は商売なので、信用のおける人に住宅を譲りたいのです。
他にも同じ物件を購入したいと考えている人がいれば、どちらが信用をおけるかで判断されます。

先にまとまったお金を支払うことができれば、返済能力もあると判断されますし
その後の支払いも楽になるのでまずは頭金を用意する事が大切になります。

一戸建て住宅を購入したいと思った日から家族で協力して
資金をできる限り多く準備することが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加