二世帯住宅の見積りを頼む業者選びとコストダウンのコツ

二世帯住宅を建てるときの見積りを依頼する業者選びとコストダウンのポイントについてご紹介します。
二世帯住宅を建てるときの見積りを依頼する業者選びとコストダウンのポイント

見積りを取るときには相見積もりを

見積りをとるときは相見積もりを
二世帯住宅を建てたいと考えた場合、まずは見積りを依頼する必要があります。

見積りを依頼しないことにはどれくらいの価格になるのかも分かりませんし、
明確な予算を立てることもできないでしょう。

二世帯住宅は一般的な住宅と比べて費用が高くなるものですし、
きちんと見積りを取ってからどこの会社に工事を依頼するかを決めましょう。

見積りを取るときのポイントとしては、
複数社に見積りを依頼するということが挙げられます。

一つの会社に絞って見積もりを依頼してしまうと、
その会社から提出された見積りの価格がすべてだと思ってしまいますし、
その他の選択肢を選べなくなってしまうこともあるんです。

仮にその一社が法外な価格を提示していたとしても
比較対象がないためそんなものかと思ってしまいますし、
相場より高い価格で契約してしまうことにもなりかねません。

このような事態を回避するためにも見積もりは複数の会社に依頼するべきです。

複数の会社に見積もりを依頼すれば価格を比較することができますし、
価格だけでなく工事の内容などについても比べることができるでしょう。

不正な見積りの提出を防ぐこともできますし、
複数社への見積もり依頼、いわゆる相見積もりには、ほぼメリットしかありません。

業者に悪いから、と一社のみの見積りで検討を進めてしまう方もいらっしゃいますが、
それだと大損してしまう恐れがあります。

他社と比べることで、ご自身に合った会社とつながる可能性を広げることができます。

できるだけ実績がある会社に見積りを依頼する

実績がある会社に見積もりをお願いしよう
二世帯住宅を建てるにはそれなりのノウハウが必要となりますから、
今まで一度も二世帯住宅の建築をしたことがないというようなハウスメーカー、工務店に依頼するのはやめたほうが無難です。

見積りを依頼する会社も厳選しよう

また、工事でなく見積もりを依頼するだけという方もおられるでしょうが、
ノウハウや実績がないのに果たしてまともな見積りを出すことができるでしょうか?

見積りを依頼するにしても実績とノウハウが豊富な会社にお願いするべきだと思います。

ノウハウがまったくないような会社に見積りをしてもらっても
その価格が本当に適正かどうかも分かりませんし、
見積りの不備で後から追加料金を請求されるような事態にならないとも限りません。

それだけ二世帯住宅の建築はノウハウや知識、経験が必要となりますから、
見積りの段階から経験豊富な会社を選んで依頼するべきです。

実績のある優良なハウスメーカー・工務店の探し方

実績がある会社かどうかは今の時代インターネットを調べればすぐに分かります。

二世帯住宅の建築に強みを持っている、
得意としているような会社ならそれをウェブ上でアピールしている
と思いますから、
業者を探すことはそれほど難しいことではないでしょう。

正しい知識とノウハウ、
豊富な実績のある会社に見積りをしてもらうことが正しい価格を知ることになりますし、
正しい予算の目安にもなります。

二世帯住宅建築において、頼りになりそうな会社をいくつかピックアップして相見積もりをしてみましょう。

予算にシビアになろう

予算にシビアになろう
ただでさえ二世帯住宅は建築費が高くなりがちですし、
そこにさまざまなこだわりを含めてしまうとあっという間に予算が跳ね上がってしまいます。

お金に余裕のある方ならそれでも良いのでしょうが、
少しでもお値打ち価格で二世帯住宅を建てたいと考えているのなら
可能な限りコストダウンを図りたいものですよね。

予算厳守を伝える

そこで、あらかじめ予算を決めて最初にそれを伝えておくという手もあります。

予算を素直に伝えることでその金額内でプランニングをしてくれるでしょうし、
予算に応じた最適なプランを提案してくれるかもしれません。

良心的なハウスメーカーや工務店なら予算に応じていろいろなアドバイスをしてくれるでしょうし、
あとから予算オーバーしてしまったというようなこともないでしょう。

依頼する会社にもよるかもしれませんが、
予算内で希望を叶えてくれるならそれに越したことはありませんよね。

予算内で精いっぱいの工夫をしてくれる建築士

予算があらかじめ決まっているのならそれ以上無理をする必要はありません。
設計を行う建築士の方も、なんとか予算内で収めようとさまざまな工夫をしてくれます。

完成した家は創意工夫の詰まった家になるかもしれませんし、
住みやすい住宅になるのではないでしょうか。

これ以上の予算は出せないと伝えるのは恥ずかしい、
という方もいるでしょうが、本当にコストダウンしたいのならこれも一つの手です。

広さについてもう一度考えてみる

面積を減らしてコストダウン
「二世帯住宅だとどうしてもこれくらいの広さは必要だろうな・・・」
と勝手にイメージしている方も多いと思いますが、
果たして本当にそれくらいの広さの家が必要なのでしょうか

本気でコストダウンを図りたいのなら今現在自分が建てようとしている
家の広さについても再考するべきだと思います。

実際にはもっと狭くても大丈夫なのに広い家にしてしまうことはよくありますが、
実際に完成してみると「こんなに広くなくてよかったかも・・・」
となってしまうことも意外に多いんです。

建坪面積を縮小して資材等をコストダウン

建坪面積を狭くすれば当然それだけコストは浮くことになります。

施工に必要な木材やボード材、クロス、フローリング材なども少なくなりますし、
職人の手間も少なくなりますからトータルでコストダウンも可能となるでしょう。

広さを見直してコストダウンを図るのはもっとも簡単な方法ですし、
現実的で効果も感じられる方法ではないでしょうか。

必要な広さかどうか再検討するには

二世帯住宅だと両親も一つ屋根の下で暮らすことになりますから
プライベートなスペースを広めにとろうと、つい建坪面積を広くしてしまいがちですが、
家族ともしっかり相談して本当にその広さが必要かどうかをもう一度考えてください。

広い空間は解放感はありますが、家族との距離がその分離れてしまいます。

掃除のしやすさや、動線も考えた最小限のスペースにすることも、住みやすい住宅にするカギになります。

特にご高齢の方だとあまり広いと移動も面倒ですから、もっと狭くてもいいと言ってくれるかもしれません。

簡単なことは自分がお手伝いする

簡単なことはお手伝い
どうしてもプロでないとできない仕事もたくさんありますが、
素人でもほんの少し頑張ればできるような作業もたくさんあります。

特に現代の家造りは昔ほど職人さんの技術に依存していませんし、
工期の短縮などのために施工が簡単な建材を使用したりもしていますから、
素人でも工具さえあれば施工も可能になります。

究極のコストダウンは人件費を減らすことですから、
簡単な施工は自分で行って、コストを下げることができるでしょう。

DIYの要領で味をだす

具体的には珪藻土塗りやエクステリアのペンキ塗り、
クロス貼りなどが挙げられます。

すべてテクニックが必要になるものばかりですが、
これらの作業は多少雑になってしまってもそれがイイ味を出してくれます

それを見込んでわざと自分たちでやりたがるような人もいますから、
チャレンジする価値は十分あるでしょう。

DIYはやってみると楽しいですし、
しかもコストまで引き下げられるとあってはやらない手はありません。

依頼した業者さんと話し合いながら

ハウスメーカーや工務店によっては素人が手を出すことを嫌うところもありますし、
一部分だけ自分たちで工事するということを了承してくれないようなところもあります。

できれば相談や見積りの段階からDIYのことについて話しておくといいですね

工事完了後の掃除は自分たちで

また、工事が終わったあとの美装、
つまり掃除を自分たちでやるだけでもコストダウンを図ることができます

まとめ

ここまで、二世帯住宅を建てる際の業者選びと、コストダウンのコツを紹介してまいりましたが、
いかがでしたか?

業者を選ぶ際は、二世帯住宅建築の実績が豊富なハウスメーカー、工務店に、
複数社から見積もりを取って、自分に合った業者を選ぶこと。

コストダウンを計りたい場合、建坪面積の見直しをしたり、
業者さんと話し合いながら、自分たちができる範囲で施工を手伝ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加