二世帯住宅の相場と工事業者の賢い選び方をご紹介!

二世帯住宅が欲しいと考えている方のために
相場についての知識や業者選びについてご紹介します。

二世帯住宅とは文字通り二世帯で住むことができる住宅です。

二世帯住宅だと高齢な両親と一つ屋根の下で暮らすことができるので安心ですし、
小さなお子さんがいるときには親世帯に預けるなど
家族で協力し合うこともできるといったメリットがたくさんあります。

二世帯住宅の気になる相場と工事業者の賢い選び方をご紹介!

二世帯住宅の種類


そんな二世帯住宅ですが、
建築を考えている方だとどうしても相場は気になるところですよね。

一般的に二世帯住宅と言ってもいろいろな種類があり、
代表的なところだと完全分離型の二世帯住宅が挙げられます。

玄関やキッチン、トイレなどがすべて二つずつ必要になるタイプのため
当然コストは高くなりがちです。

お互いのプライバシーをなるべく確保したい方におススメですが、
完全分離型だと通常の建築より約2倍程度のお金がかかることも珍しくありません。

二世帯住宅の相場


断言はできませんが、普通に住宅を建てるケースに比べて
二世帯住宅を建てる際の費用は、
1000万円程度多くお金がかかってしまうと言われています。

完全分離型の三階建て住宅だと1棟3500万円~4000万円程度にもなりますし、
非常にハイコストだということが理解できますね。

現在ではローコストを売りにするようなハウスメーカーや工務店もありますが、
そのようなところで建てたとしてもそれなりの金額になってしまうでしょう。

また、二世帯住宅はノウハウのあるところに建築依頼する必要もあるため
コストが高くなりがちなのです。

ノウハウと実績が豊富な業者に依頼する


二世帯住宅の相場は重要かもしれませんが、もっと重要なのが業者選びです。

実際にどこのハウスメーカーや工務店に依頼すればいいのか分からない、という方が
多いと思いますが、基本は実績とノウハウが豊富な会社に依頼することが重要です。

二世帯住宅は一般的な住宅と間取りも異なりますし、
状況に応じて防音工事などの特殊な工事も必要になってきます。

そのため、実績やノウハウが少ない会社だと満足いく
仕上がりにならないこともあるのです。

その会社が過去にどのような工事を行ってきたか、
二世帯住宅の建築経験はあるのかなどを吟味しながら決める必要があります。

今までに一度も二世帯住宅の工事に携わったことがないという会社だと少々不安ですし、
実績がないと仕上がりをイメージすることもできません。

業者選びで失敗してしまうと家造りも失敗してしまいますから、
慎重に業者を選ぶようにしましょう。

インターネットなどでリサーチすれば二世帯住宅の建築に造詣の深い会社なども
比較的容易に見つけることができる
でしょう。

いくつかそのような会社をピックアップして相談してみるのもイイですね☆

二世帯住宅について分からないことなどがあれば遠慮なく質問し、
こちらからの問いに対してしっかり明確な答えを返してくれるかどうか
についてもチェックしておきましょう。
担当者の力量にもよりますが、言葉に詰まるようだと経験不足が考えられます

見積りは価格だけでなく施工内容も確認する


見積りを取るときには相見積もりが基本となりますが、
多くの方は価格だけをチェックして終わりという傾向にあります。

確かに、相見積もりは価格を比較するのに最適な見積り方法ですし、
それを目的として相見積もりを取っている方もいるでしょうが、
相見積もりは価格だけを比較するものではありません。

見積りをチェックするときには価格だけでなく工事の内容についても
きちんと確認する必要があるんです。

価格が安いという理由で選んではダメ

建築業者選びでは一概に価格が安い業者が良いということはありません。
ハウスメーカーや工務店によって特色や強みがありますし、
それが反映された結果その価格になっているので、
いたずらに価格を釣り上げているわけではないのです。

しかし、建築の素人だと「この会社は高いからやめておこう」
ただ価格だけを見て判断
してしまいます。
これは非常に危険なことです。

価格が安いイコール良い会社というわけではない
ということをまずしっかりと理解してください。

安全性や品質を知るために見積書をチェックしよう

見積りの価格が高くてもそれだけ安全性を高めた結果かもしれませんし、
価格が安いのは最初から手を抜くつもりなのかもしれません。

このようなことも考えられますから、見積書をチェックするときは
価格だけを確認してはいけないのです。

価格に見合った工事を提供してくれるかどうかが重要なポイントとなりますし、
自分たちの要望がどこまで反映されているかも重要です。

どのような工法で建てるのか確認しよう


自分たちが依頼しようとしている工事業者がどのような工法で
建築するのかはチェックしておくべきです。

住宅の工法は業者によって違う

住宅の建築工事と言っても現在ではいろいろな工法がありますし、
古くから行われている在来軸組工法をはじめ鉄筋や鉄骨工法、
ツーバイフォーなどさまざまな工法が存在しています。

工法によって価格や仕上がりが変わってきます
また、それぞれの工法で仕上がりの特徴なども違ってきますから
忘れずに確認しておきましょう。

どの工法でも二世帯住宅を建てることはできますが、
工期や価格にも違いが出てくることがあります。

耐震や耐火など安全性を考えた構造かチェック

また、構造についてもしっかりチェックしておかねばなりません。
基礎の強度や耐震性、耐火性を決めるのが構造ですからここも重要なポイントでしょう。

二世帯住宅は基本的にどの工法でも建てることができるものの、
工法が違えばあらゆる部分で違いが出てきます。

見積りを取るときにも在来工法で家を建てている工務店と
ツーバイフォーのハウスメーカーだと価格差が顕著に表れてしまいます。
依頼しようとしている会社がどのような工法を採用しているかしっかり確認してください。

契約を急がせるような業者はNG


これは二世帯住宅を建てるときに限った話ではありませんが、
基本的に契約を急がせるような業者は選ぶべきではありません。

業者が契約を急ぐ理由は?

見積りをしてもらったばかりなのにすぐ「契約、どうしましょう?」と
迫ってきたりするのははっきり言って危険信号と言えます。

よほど利益を重視する会社なのか、
それともどうしてもお金が必要な会社なのか疑ってしまいますよね。

契約を急かすような会社はリスクが高いですから、
すぐに契約するようなことはやめておきましょう

即時契約で大幅値引き?甘い言葉に注意

また、今すぐに契約してくれたら大幅に値引きします、というような
甘い言葉で釣ってくるような業者もいるかもしれませんが、それはそれでおかしな話です。

どうして今すぐ契約することで大幅な値引きが可能になるのか、
まずはそこを知りたいところですよね。

このような会社の場合資金繰りが上手くいかず経営状況が逼迫していることも考えられます

最悪の場合完成前に倒産するケースも

早急に契約を迫ってくるような会社と契約したら、
工事の途中で逃げてしまったり、会社が倒産してしまった・・・というケース
もあります。

住宅ローンを組んでいたら、家は完成しないのに、ローンだけ支払い続けることになります。

自分たち夫婦や両親、子供も一緒に暮らすことになる二世帯住宅ですから
業者選びは慎重に行うべきです。

どれほど魅力的な提案をされても、すぐに契約を迫ってくるような業者、
値引きするからなど甘い言葉で契約をしようとするような業者への依頼は慎重に検討するべきです。

まとめ

見積りをとったら、金額だけではなく、施工内容もしっかりチェックしましょう。
また、1社だけの見積もりでは、より良い住宅建築をするための比較ができません。
複数社から見積もりを取り、より丁寧に見積りを行い、適正な価格を提示してくれる業者を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加